「マジョリカ マジョルカ」の動画、「魔法のピタゴラメーク」のワンシーン

写真拡大

資生堂のセルフメーキャップブランド「マジョリカ マジョルカ」は2016年11月7日から、見ているだけでかわいくなれる魔法の動画「魔法のピタゴラメーク」を、YouTube「マジョリカ マジョルカ」公式アカウントで公開した。

「魔法のピタゴラメーク」は、一人の少女が、祖母の家の書斎で魔法の書「MajolicaMajorca」を偶然発見したことから始まる。主人公を演じるのは、10〜20 代の女性を中心に熱狂的な人気を誇る、モデルで女優の玉城ティナさんだ。

BGMのオペラは日本語。よく聞くと秘密が

玉城さんが開いた本のページの中でひらひら舞い落ちた一枚の羽をきっかけに、「マジョリカ マジョルカ」の117アイテムを複雑に組み合わせて作られた「ピタゴラ装置」が作動する。

その装置が進行するにつれて、化粧下地、アイライナー、マスカラ、チーク、リップといったメークアイテムが手順を追って現れた。服装も地味だった玉城さんが、メークが徐々に仕上がるにつれて、かわいい姿に変身していく。

「ピタゴラ装置」は、NHK Eテレの番組「ピタゴラスイッチ」に登場するからくり装置に由来する。「魔法のピタゴラメーク」の舞台は錬金術師の部屋のよう。さらにフクロウやハリネズミといった動物が登場することで、妖しい雰囲気が一面に漂っている。

オペラ「カルメン」に日本語の歌詞をあてた楽曲もまた、動画の幻想的な世界観を引き立てている。ドイツ人女性が歌うこの歌詞には、「かわいい」を引き出すメークの秘訣が込められているそうだ。

撮影後のインタビューに応じた玉城さんは、「フクロウやハリネズミとの共演もあって、とても楽しかった」と語りつつ、苦労したシーンについて教えてくれた。

「虫眼鏡の観覧車のカットです。回転するごとに、メークが仕上がっていくシーンなんですけど、目の位置と虫眼鏡の微妙な角度を合わせるところが難しくて。でも、監督から『もうちょっと下』とか、的確な指示をいただいて、何とか成功しました」

「マジョリカ マジョルカ」が誕生したのは03年7月。女の子がかわいくなるために唱えるおまじないの語感が名前の由来だ。自分らしさを大切にしつつキレイになりたい願望を持つ女性のためのブランドとして、10代から20代後半の女性をターゲットとしている。

商品の価格帯は380円から1800円で、ボリュームゾーンはマスカラやアイライナー。手頃な価格ながら使いやすく、商品のパッケージやケースは万人受けするものというより、ロマンティックな独自の世界観を打ち出している。香水「マジョロマンティカ」は「乙女な香り」と若い女性の評判も高い。