ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

若手を多く招集。指揮官は経験の積み重ね強調するが…

 11日のオマーン戦、15日のサウジアラビア戦に挑む日本代表には、フレッシュな選手も招集された。指揮官は経験の積み重ねをその理由とするが、本人たちは危機感と覚悟を持って代表合宿に臨んでいる。(取材・文:元川悦子【鹿嶋】)

----------

 序盤から大苦戦を強いられている2018年ロシアW杯アジア最終予選の日本代表。前半戦ラストとなる11月15日のサウジアラビア戦(埼玉)で引き分け以下だとB組2位以内浮上が極めて難しくなる。

 となれば、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の去就問題発展は必至。最悪のシナリオを回避するためにも、11日のオマーンとの親善試合(鹿島)を最大限有効活用し、ベストな状況で大一番にのぞむ必要がある。

 この11月2連戦に向け、日本代表は6日から茨城県内で事前合宿に入った。初日は山口蛍(C大阪)を除く国内組9人といち早く帰国した欧州組の小林祐希(ヘーレンフェーン)で練習をスタート。

 途中から原口元気(ヘルタ)と酒井宏樹(マルセイユ)も合流し、12人で1時間程度の軽い調整を行うのみだった。25人全員が揃うのは8日の予定。そこから本格的なサウジ戦対策に入る模様だ。

 ご存知の通り今回のメンバーには、初招集の井手口陽介(G大阪)、ハリル体制初抜擢の久保裕也(ヤングボーイズ)、2015年アジアカップ(オーストラリア)から何度も合宿には呼ばれながらA代表出場ゼロの植田直通(鹿島)、キャップ数1の小林祐希といったフレッシュな面々が名を連ねている。

 指揮官は「彼らは若くてクオリティがあって能力がある。ただ、すぐにリーダーになることや決定的な仕事をすることを求めているわけではない。将来を準備しているという意味だ」とあくまで経験第一という招集意図を明かしたが、世界基準で見れば、20代前半の選手は決して若くない。

 香川真司がボルシア・ドルトムントでポジション争いしている2列目要員を見ても、ウスマン・デンベレとエムレ・モルが19歳、クリスチャン・プリシッチが18歳と10代の才能がズラリと並ぶ。新天地・オランダでこの実情を目の当たりにした小林祐希は強い危機感を募らせている。

「遠慮しない」。強い気持ちで挑む小林。起爆剤になるか

「俺なんて世界ではベテランって言うか、そういう方に入っていいくらいの年齢。井手口君も世界で見たら普通。『若いし、いい勉強になればいいと思います』と言っているようじゃ日本は遅れを取り戻すことはできない。

 井手口君や植田君が『俺がスタメンだよ。こんなやつらに絶対負けねえ』っていう強い気持ちを世界に対してもチームメートにも持ってやれば、日本は必ず強くなると思います」と小林は語気を強めたのだ。

 実際、小林祐希の所属するヘーレンフェーンではスタメン6人が自分より若い。その若手が毎日監督に自己主張をし、ベテランがゴールを運んでいる横でボールに座りながら「俺は点取っているから、お前が(ゴール)運んどけよ」という態度を取っているという。

 かつて本田圭佑(ミラン)もVVVフェンロ時代に「俺が俺が」という我の強い仲間としのぎを削っていたが、小林祐希も似たような環境に身を投じ、年齢に関係なく真っ向勝負する重要性を再認識したのだ。

 だからこそ、彼は「本田さんも香川さんも清武(弘嗣=セビージャ)さんも1つの駒でしかない。もらっている給料が違うとかいろいろあるかもしれないけど、別に遠慮することはない。普通通りやりたいなと思います」と言い切った。

 その言葉通り、香川や清武から定位置を堂々と奪いに行くために、左足のキック、シュートという絶対的武器を強く押し出す必要がある。オランダで体得したスプリント力、守備意識、空中戦の競り合いといった新たな能力も示すべきだ。この男が攻撃陣の新たな起爆剤になれば非常に面白い。

 小林より2つ年下の植田も今、A代表のピッチを人一倍、強く渇望している。ハビエル・アギーレ監督時代の2015年アジアカップに内田篤人(シャルケ)の代役で抜擢された頃はまだ「自分はまだまだ」という意識がどこかにあったが、リオデジャネイロ五輪予選・本大会を経験した今は、遠慮など一切なくなった。

「今回の合宿を通して得たいもの? 試合には必ず出たい。選ばれるだけはもういい。これからは試合に出て先に進みたいと思います」とこの日キッパリと発言したのも、意識が大きく変化したことの表れに違いない。

植田と井手口の気迫。ポジションを奪う決意

 約2年の歳月を経て、巡ってくるかもしれない初キャップの舞台がカシマスタジアムとなれば、植田にとっては最高のシナリオだ。

「いつもやっているカシマで試合があるってことで、たくさんの鹿島ファンの方も来てくれるだろうし、その方たちの前で代表としての姿を見せられるようにしっかり頑張っていきたい。出た時には自分が持っているものを全てぶつけたいし、悔いが残らないようにしたい」と植田は言う。

 日頃口数の少ない長身DFがここまで言い切るのも珍しい。そこまで強気になった彼を吉田麻也(サウサンプトン)や森重真人(FC東京)と組ませたらどんな化学変化が起きるのか。そこは非常に興味深い。ぜひオマーン戦でトライしてほしい。

 そして、最年少の井手口も人見知りの性格をいったん横に置き、初日から負けん気の強さを前面に押し出した。それが如実に表れたのが、指揮官が「同タイプ」と位置付ける山口蛍との比較に話が及んだ時だった。

「自分が見ていて一緒っていうか、僕が言ったらおかしいですけど、似ていると思うので、やっぱそういう似ている選手には絶対負けたくない。年の差も関係ないと思うので、いつでもポジションを取れるようにどんどんアピールしていきたいです」と彼はボール奪取名人の山口から定位置を奪う気満々だった。

 最近の彼を見ると、ボールを奪う力だけでなく、思い切ってゴール前へ出ていく推進力、フィニッシュの迫力も増してきた。もちろん遠藤保仁、今野泰幸という両ベテランのサポートがあるから思い切ったプレーができるのだろうが、日本代表でも同じくらいの大胆さを見せられれば、一気にボランチの軸に躍り出ることも不可能ではないはずだ。

 彼ら実績の少ない選手たちを今から使わなければ、日本代表の停滞感は打破できない。オマーン戦をクラブで出場機会の少ない欧州組の調整の場にするだけではもったいない。この先の最終予選を視野に入れ、今回は若手の積極的なトライを指揮官に強く求めたい。

(取材・文:元川悦子【鹿嶋】)

text by 元川悦子