写真提供:マイナビニュース

写真拡大

セルシスは、グラフィックス分野のAI研究(機械学習、 ディープラーニング)に用いるため、イラストデータの提供を募るキャンペーンを開催している。開催期間は11月7日〜12月6日 23:59まで。

今回同社がイラストデータを募集しているのは、自社のグラフィックス分野の研究開発に加え、「ラフスケッチの自動線画化」や「グレイスケール画像の自動色付け」など、イラスト分野の実務に直結する研究も行っている早稲田大学 基幹理工学部 情報理工学科 石川研究室のグラフィックス分野における機械学習研究で利用するためだ。

グラフィックス分野の機械学習研究では、元になる画像データの分析を行い、新たに画像を生成するルールやコツをAIに学習させる。学習の精度は手本の数が多いほど上がるため、多くの画像データを必要としているとのこと。提供された画像データは上記以外の目的には一切使用せず、また提供された画像データが外部に公開されることはない。

イラストの提供は、キャンペーンサイトの専用フォームから画像データ(ラフ画・線画・着色画の計3枚)をアップロードする手順となっている。提供したイラストの著作権は提供者本人に帰属。自身の著作物であれば、Web等で発表済みのイラストを使った応募も可能だ。

なお、画像提供に協力した人の中から、抽選で1名に液晶ペンタブレット「Cintiq 13HD DTK-1301/K0」をプレゼント。そのほか、期間中の月曜から金曜には1日あたり3名に対し、1,000円分のギフト券を進呈する。