中国、生理用ナプキンも信用できず(出典:http://www.ncnews.com.cn)

写真拡大

海外あるいは中国の有名メーカー品を模倣して製造された、大変粗悪な生理用ナプキンが出回っていることがわかった中国。警察はついにある製造販売元を摘発し、約1000万枚ものナプキンを押収した。女性を中心に人々はこのニュースにネットで強い憤りを示している。

有名メーカーの商品に似せたニセ生理用ナプキンを製造し、主に小売店などに廉価で卸していたとされるのは江西省南昌市の小さな町工場。衛生管理や設備も中途半端で商品は非常に粗悪であることから、責任者2名が逮捕されたと地元メディア『Nanchang News』などが伝えている。

問題のナプキンは中国の『ABC』や日本の『ソフィ』といった有名ブランドを模倣した商品で、パッケージも中身も偽物。ソフィ“超熟睡ガード”シリーズには290、330、360、400、420があるが彼らのニセパッケージには350とプリントしてあり、こうしたものは2013年7月から中国全土で販売されていた。倉庫に残っていたナプキン約1000万枚(日本円にして約6億)を押収した当局は、消費者に「破格値で販売されている生理用品を買わないよう気を付けて」と呼びかけている。

この話題には、騙されて買い続けていた可能性の高い女性たちを中心とした中国のネチズンが「私たち女性は何も悪いことをしていないのに」「女性のデリケートな体を軽視している」「死刑だっていい。厳罰を」などと激しい不満をぶつけたもよう。さらには「中国社会はなぜこうしたものばかりが氾濫しているのか。危険なもののせいで私たちはいつ死んでもおかしくない」と危機感を訴える人も。「自衛のためにも賢くなって本物とニセモノの見分け方を学ばなくては」という意見も多いようだ。

出典:http://www.ncnews.com.cn
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)