BIGBANG、海外アーティスト史上初の“4年連続”日本ドームツアーが開幕!

写真拡大

2016年にデビュー10周年を迎えたアジアが誇るモンスターグループBIGBANGが、11月5日(土)、6日(日) の東京ドーム公演2daysより、海外アーティスト史上初となる4年連続の日本ドームツアー「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-」をスタートさせた。

このツアーは、この夏7月29日〜31日の3日間、大阪・ヤンマースタジアム長居にて開催されたデビュー10周年記念、自身初のスタジアムライブ「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 IN JAPAN」を、今回アニバーサリーイヤーの締めくくりとして全国のファンに感謝の気持ちを届ける意味も込め、毎年恒例となった冬のドームツアーとして開催するに至ったもの。

2日間ともに5万5,000人超満員で埋め尽くされた東京ドーム。ライブのオープニングを飾ったのは日本メジャーデビュー曲「MY HEAVEN」。荘厳なストリングスに乗せメンバー5人がステージに登場するや5万5,000人の割れんばかりの歓声が会場を包み込み、ボルテージはすぐさまマックスへ。そして「ガラガラ GO!!」では会場全体の大合唱が巻き起こり、ソロ、ユニットでのステージへ続いて行く。

MCパートでは、リーダーG-DRAGONから「BIGBANGという名前で10年間活動して築き上げたものの結晶が今日だと思います。ここに立つまでに色々なことがありましたが、それらを乗り越えられたのは、ここにいるメンバーとファンの皆さんの力がなかったら絶対できないことだったと思います。本当にありがとうございます」と、そしてT.O.Pからは「時間の流れの早さにびっくりしている今日この頃です。皆さんとの思い出が増えていく感じがして幸せで胸がいっぱいです。私はもしかしたら今回の東京ドームが最後の東京になるかもしれません。だから私にとっての皆さんは1人1人がとても意味のある思い出となります。これから出るBIGBANGのニューアルバムにも是非期待してください」と、10年間の感謝とファンへの想いが告げられた。

そしてこのライブ最高の盛り上がりとなったのは「BANG BANG BANG」「FANTASTIC BABY」というBIGBANGの最強アンセム2曲。ステージと観客が一体となり、まさに“熱狂”という2文字で覆い尽くされた会場には、5万5,000人全員の大合唱がこだまし、ドーム全体に響き渡った。

10年の軌跡を振り返るかのごとく新旧を代表するヒット曲満載の全22曲約2時間45分、圧巻のステージで観客を魅了した。

また、6日(日) のライブ前には、ドームツアーと同時開催のスペシャルファンイベント「BIGBANG SPECIAL EVENT -HAJIMARI NO SAYONARA-」が開催された。2012年、14年、16年と過去3回の日本ファンクラブイベントには映画撮影で参加できなかったT.O.Pも揃い、5人のメンバー全員が出演したファン待望の本イベント。ライブでは垣間見られない爆笑のトークセッションやゲームコーナーでファンとの交流をはかった。

海外アーティスト史上初の4年連続日本ドームツアー「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-」は、11月5日(土)、6日(日) 東京ドーム、11月19日(土)、20日(日) 福岡ヤフオク!ドーム、11月25日(金)、26日(土)、27日(日) 京セラドーム大阪、12月2日(金)、3日(土)、4日(日) ナゴヤドーム、12月9日(金)、10日(土)、11日(日) 福岡ヤフオク!ドーム、12月27日(火) 京セラドーム大阪追加公演、さらに12月28日(水)、29日(木) 京セラドーム大阪アンコール公演(BIGBANGオフィシャルファンクラブVIP JAPAN会員限定) の全4都市16公演で78万1,500人を動員する予定だ。

さらにスペシャルファンイベント「BIGBANG SPECIAL EVENT -HAJIMARI NO SAYONARA-」は、11月6日(日) 東京ドーム、11月20日(日) 福岡ヤフオク!ドーム、11月26日(土) 京セラドーム大阪、12月4日(日) ナゴヤドーム、12月11日(日) 福岡ヤフオク!ドーム、12月28日(水)、29日(木) 京セラドーム大阪の全4都市7公演で、各日ドーム公演前に開催される。