チョ・ジヌン&ソン・スンホン&チョン・マンシク出演映画「隊長キム・チャンス」7日にクランクイン…3人の共演に“高まる期待”

写真拡大

映画「隊長キム・チャンス」(監督:イ・ウォンテ) が7日、クランクインする。

「隊長キム・チャンス」は明成(ミョンソン) 皇后殺害犯を殺害した罪で、仁川(インチョン) 監獄に収監された青年キム・チャンスが、未決死刑囚から独立運動家“隊長キム・チャンス”に生まれ変わるまでの物語を描いた映画。

チョ・ジヌンが独立運動家の大将キム・チャンスで再び熱い感動を届ける。キム・チャンスは明成皇后殺害に加担した日本人を殺害した疑いで監獄に投獄された後、逼迫される朝鮮人を見て、次第に独立運動家へと成長していく人物だ。チョ・ジヌンは愚直さとカリスマで映画の中と外を同時に率いる“大将”の役割をすると期待を集めている。チョ・ジヌンは映画の成功を祈る場で「歴史的意味がある作品」と覚悟を伝えた。

キム・チャンスをめぐる人物も普通ではない。キム・チャンスならびにすべての囚人を管理、監督し、違法労役までやらせる冷血漢監獄署長“カン・ヒョンシク”役にはソン・スンホンがキャスティングされた。ソン・スンホンの初めての悪役挑戦であるだけに、たくさんの関心が集まっている。

チョン・マンシクは、キム・チャンスに注目する収監者“マ・サング”役を、チョン・ジニョンはキム・チャンスと考えを共にし、彼に力になってあげる“コ・ジンサ”役を演じる。

映画「隊長キム・チャンス」は来年韓国で公開される。