JRAとのコラボ企画webアニメ「走れ!おう松さん」/(C) 赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

写真拡大

人気アニメ「おそ松さん」とJRA(日本中央競馬会)がコラボした企画webアニメ「走れ!おう松さん」が、10月13日よりJRAのホームページ上で公開されている。

【写真を見る】あの6つ子が競馬場へ!?/(C) 赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

さらに、東京競馬場では10月29日より、“おう松さん”の書き下ろし限定グッズが販売され、女性限定のオリジナルプレゼント「UMAJO×おう松さんスペシャルイベント」なども開催された。

アニメ「おそ松さん」は、'15年10月からテレビ東京系で深夜に放送。同作品は、主人公のおそ松(櫻井孝宏)、カラ松(中村悠一)、チョロ松(神谷浩史)、一松(福山潤)、十四松(小野大輔)、トド松(入野自由)らの他、イヤミ(鈴村健一)やチビ太(國立幸)などおなじみのキャラクターが登場。深夜の放送にもかかわらず、原作を知らない中・高生にも支持された。

赤塚不二夫原作の「おそ松くん」は、'62年に少年漫画雑誌で連載が始まったが、'15年にテレビ東京系で「おそ松さん」として生まれ変わって帰ってきた。

「おそ松さん」の方は、6つ子が成長した後の姿を描くもので、そこそこ過激な大人のせりふなどもあるが、お笑い要素で過激さを包み込んだテイストが受け、幅広い層で人気を集めた。

テレビアニメ「おそ松さん」の特番も、テレビ東京で12月12日(月)に放送されることが決定。人気沸騰したアニメが、再び注目されている。