「スーパーマンが帰ってきた」秋の運動会を開催…サランちゃん&子供たちが大はしゃぎ!

写真拡大 (全3枚)

「スーパーマンが帰ってきた」の家族が集まって運動会を開催した。

6日午後、韓国で放送されたKBS 2TVバラエティ番組「ハッピーサンデー−スーパーマンが帰ってきた」は3周年特集で放送され、出演家族たちが集まった。

運動場に集まった家族たちはそこで総合格闘家の秋山成勲(韓国名:チュ・ソンフン) に会う。そして学校に隠れていた娘のサランちゃんまで合流し、本格的な秋の運動会を始めた。短距離走、ちゃぶ台ゲーム、そして継走まで、試合よりは一緒に遊んで、随時発動する子どもたちのイタズラと突発状況が笑いを誘った。

ちゃぶ台ゲームが終わると同時に、子どもたちは餃子を一生懸命に食べたり、バナナバトンで継走をしたり、走りながらバナナの皮を剥いたりしてお父さんたちを困惑させた。レーンを離れたり、のんびりと散歩を楽しむ姿もあった。特に、ソオンくんは早くトイレに行きたくてズボンを脱いで、全員を驚かせた。

勝負は重要ではなかった。皆が喜び、皆の首に金メダルをかけた。帰ってきた秋山成勲は「スーパーマンが帰ってきた」の出演者とスタッフ全員が食べられるケータリングカーを準備し、秋の運動会を楽しく終えた。

続いて、ヒーリングタイムでは皆が一緒に休む時間。子どもたちは食材を買いに行き、秋山成勲とイ・フィジェは家に残り、子どもたちのために料理を準備した。イ・ドングクはアイスクリームケーキを買ってきて、海外撮影に行ったイ・ボムスの代わりに運動会に参加したキ・テヨンは、万が一のために子どもたちの後を追って見守った。

料理上手な秋山成勲とは違って料理下手なイ・フィジェ、そして彼よりももっと下手なイ・ドングクは厨房で冷や汗を流した。しかし、その後庭に出て巻を割り始めると、体育系イ・ドングクは生まれて初めて挑む薪割りに素晴らしい才能を見せた。その後に秋山成勲の優れた薪割りも皆を驚かせた。

皆の努力で作れた夕食に全家族が共にし、過去の映像を見ながら、いつにも増して有意義で楽しい3周年特集を終えた。