写真提供:マイナビニュース

写真拡大

10月31日〜11月6日までの1週間に発表された、PC関連の注目ニュースをダイジェストでお届けする。

先週は米Microsoftが3日、Windowsアップデートの次世代パッケージ配信技術「Unified Update Platform (UUP)」を発表した。この技術では、小さな差分ダウンロード・パッケージを配信することで、ユーザーがより効率的にアップデートを完了できるようになる。同社は2017年初めに予定する「Windows 10 Creators Update」リリース後からUUPを導入する予定だ。

また、3DMarkやPCMarkなどのベンチマークで知られるフィンランドのFuturemarkは現地時間3日、VR対応のPC向けベンチマークソフト「VRMark」をリリース。対象PCがVRヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」と「HTC Vive」を動作させるパフォーマンスを備えているか確認できるテストで、2016年4月にプレビュー版を公開していた。ラインナップは一部のテストのみ実行可能な無償版の「Basic Edition」、すべての機能が利用できる19.99ドルの「Advanced Edition」、商用利用が可能な「Professional Edition」の3種類となっている。

○注目ニュース(10月31日〜11月6日)

○注目レポート・レビュー・コラム(10月31日〜11月6日)