真正ボンドカーで、もっとも悲劇的なのが『女王陛下の秘密機関』に登場するランチア・フラミニア・ザガート・スパイダーです。

ジェイムズ・ボンドは、帰国の途、3年乗ったベントレー・Rタイプ・シャシー、特装オープンボデイ車で、フランスの国道N1の退屈な直線コースを「80から90」で、彼のようなエクスパート・ドライバーの本能として持つ「オートパイロット」(最近の電脳型の名称のはるか以前です)に任せて流していました(イギリス人ですので、数字はマイル/時ですよね)。

ボンドの頭の中には、この本のタイトルとなっている「女王陛下の秘密機関」の長である上司「M」に宛てる辞表文案が走っています。そこに、3連エアホーンのけたたましい高音。白いランチア・フラミニア・ザガート・スパイダーがスパーッと抜き、ベントレーの鼻先をかすめとんでいきます。彼女のピンクのスカーフが風で横直線を描いています。ボンドの最初、そして唯一の結婚相手との運命的遭遇でした。

ここで真正ホンドの容貌、まあ、いちばん近いのがショーン・コネリーと思いますが、イアン・フレミングは作曲家、ピアニスト・シンガーのホーギー・カーマイケルをイメージしています。ボンドを銃撃戦以外でもっとも動かすのは美女のクルマに追い越されるということ。追撃にでます。なかなか追いつかず、彼、スーパーチャージャー作動の電動スイッチを入れますが、振り切られます。パワーというより、むしろリジッドアクスル、板バネのリアサスでは、コーナーで横っ飛びし、抑えるのが精一杯なのです。

『女王陛下の秘密機関』は、1963年の作品ですから、フラミニア・ザガートは、「スポート」2シーターでしょう。ちなみに、翌64年にはより強力な「スーパースポート」が登場します。エンジンは世界最初の生産型V6で、排気量2.8L、スリーバレル気化器1基で、150psを発生します。フロントエンジンですが、リアトランスアクスルを用いています。フロントはダブルウイッシュボーン、リアはドディオンアクスルで、理想に近い重量配分を実現しています。

さて、ザガート・“スパイダー”なるボデイタイプは、どこを検索しても見つかりませんでした。私、60年代後半、ミラノ郊外のザガート社を取材し、創設者ウーゴ・ザガート(1968年没)と後継者となるエミリオと会いました。「スパイダーを特製されましたか」の問いにお二人から返ってきたのは微笑でした。

ボンドの妻となるトレーシィは、仏コルシカ島を本拠とする、伊シシリー島マフィアに匹敵する集団首領の娘で伯爵と結婚するが、夫はマゼラティ単独事故で死去、彼女はコウンテス(イタリア語でコンテッサ、日野の乗用車名を憶えている方いるでしょう)称号を継承します。

作品の最終、ボンドとトレーシィは新婚旅行に出発します。ボンドは、トレーシィの運転するフラミニアをオープンにします。「クローズにしたら世界が半分しか見えないよ。」オープンカーでデートに誘ういい台詞でしょう?(使う歳でないのが残念です)。ボンドは、追従する真紅のマゼラティ・クーペ車内にリネンのヘルメット、マスクを着けた男性ドライバーと女性パッセンジャーを見ます。

アウトバーンを130km/hで流すランチア、運転するトレーシィが「赤いのが近づいてくるけど、振り切る?」、ボンド、「いいよ、抜かさせたら。時間は十分ある。」いつもは、クルマに乗ったら先頭を走るふたりには、稀なリラックスした瞬間でした。8気筒の轟音  (5000GTになります)とともに、自動小銃のスタカット。トレーシーが即死、ランチアはクラッシュし、ボンドは負傷、失神します。

そう、なぜマゼラティと記すか説明します。マセラティ・ジャパンの発表会、イタリア人前々社長がそう発音したので、質問しましたが、「 『マゼラティ』が正しいのです。でも、日本では車名、社名ともに『セ』となってるんです。」

さて次にボンドは、九州僻地の古城に有毒即物、動物を集めた庭園をつくり、自殺志望者が数百人犠牲になった事件について、日本秘密機関のタイガー田中に調査協力することになります。ボンドは謎の欧州系城主夫妻を追います。ボンドは、ふたりが愛妻ステーシィを殺害した超悪漢ブロフェルトとパートナーのヘルガ・ブラントであることを知ります。

フレミング原題『人は2度しか生きない』の翻訳版と映画の名/迷?タイトルは『007は2度死ぬ』」です。

みなさん、2000GTオープントップを想起するでしょう。ボンド映画カーの人気車上位のクルマですが、原作に名前が出るのは“トヨペット・サルーン”で、2度とも登場は黒い覆面警察車です。1964年ですから、2代目クラウンとなります。

初代と2代目クラウンを構想し、開発を指揮したのは、トヨタ自工の中村健也主査でした。中村主査は、コロナ、初代センチュリーの主査であり、その後、役員の座を固辞され、生涯、先進技術研究の道を進まれました。たしかトヨタ最初の技監となられ、自動車用ガスタービン研究試作に熱意を注がれました。センチュリー・ベーストヨタ・スポーツ800ベースの大小2台のガスタービン発電シリーズ・ハイブリッドを試作されました。

原作のトヨペットと映画の2000GTオープントップには、繋がりがあります。中村主査の2代目クラウン開発チームの主要メンバーが、私の畏敬する河野二郎主査/第7技術部長でした。

河野主査こそ2000GTとコロナ・ハードトップ・ベースの1600GT開発を指揮した方です。映画タイアップで、2台の2000GTオープントップの製作秘話、珍話を話して下さいました。第7技術部は、トヨタのレーシング部で、2000GT、3.5L からカンナム目標の5Lツインターボまで製作、レース、試走をしました。

タイガー田中の部下と福岡県警のふたりの警官、確かな運転技倆を発揮します。後者は、田中・ボンド車の後方から迫る1台のモーターサイクルをかわせとの指示に応え、見事なドリキン・ターンで脇道にとびこみます。“ホンダ500”が通り過ぎると、後退、そして追跡、サイレンを鳴らし停止させます。しかし、ライダーは自殺します。ホンダが最初の中排気量モデル、CB450を発表したのは1964年ですので、フレミングの先見か、あるいは情報部員の秘密入手?“ホンダは、1974年には、ロングストローク型CB 500Tを加えています。

(山口 京一)

日本が舞台の原題『人は2度しか生きない』に登場するのはトヨタ2000GTではなくクラウン【真正ボンドカーズ3】(http://clicccar.com/2016/11/07/414263/)