現在、日本と中国は世界の高速鉄道建設プロジェクトの受注を競い合う関係にある。中国高速鉄道が新幹線などの技術を導入して完成した高速鉄道システムであることは周知のとおりだが、新幹線と中国高速鉄道には数多くの違いが存在するのも事実だ。

 中国メディアの今日頭条は2日付で、新幹線と中国高速鉄道の違いを比較する記事を掲載、日中両国の高速鉄道システムについての優劣ではなく、単純に「違い」について解説している。

 記事はまず、新幹線が1964年に開業した世界初の高速鉄道システムであるのに対し、中国は1990年代に既存鉄道の高速化について検討を始め、1997年に時速140キロメートルでの試験走行に成功したことを紹介。さらに、中国は2003年に先進国からの技術導入を決め、新幹線の技術も導入されることになったことを紹介したうえで、07年には中国の高速鉄道網は6000キロメートルに達し、日本を超えたことを紹介した。

 続けて、新幹線と中国高速鉄道の大きな違いについて、新幹線には一部車両で喫煙ルームがあるのに対し、中国高速鉄道は全席禁煙であり、喫煙ルームが一切存在しないこと、中国高速鉄道は乗客に対するセキュリティーチェックがあること、新幹線では飲食物はワゴン車による車内販売であるのに対し、中国高速鉄道は販売カウンターでの販売であることを紹介した。

 さらに、中国高速鉄道には自由席という概念がなく、全席指定席であること、新幹線にある多目的室のようなプライベートスペースが一切ないことなどを紹介。また、記事は指摘していないことだが、新幹線の場合はどこの誰であろうと、名前や身分を明かすことなく乗車券を購入することができるが、中国では実名制が導入されているため、高速鉄道の乗車券を購入する際には中国人の場合は身分証、外国人の場合はパスポートの提示が必要となる。このように比較してみると、新幹線のほうがより乗客の利便性を考慮したサービスが提供されていることがよく分かる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Ping Han/123RF.COM)