チュウォン、デビュー10周年を迎え“寝転び”ライブ放送を配信「今も初心を忘れず努力している」

写真拡大

チュウォンがデビュー10周年を迎えた感想を語った。

6日、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」では「チュウォンの寝転びライブ」が放送された。この日チュウォンはデビュー10周年になったと切り出した。

チュウォンは「ミュージカルでデビューしたが、20歳の時だった。それで今年で10年目になる。あの時『アルタボーイズ』というミュージカルでデビューし、これまでたくさん愛していただき、頑張ってこれた」と話した。

続いて「新人時代を考えてみると、今の僕と当時の僕は当然変化があると思うが、20代の頃の気持ちを忘れないように努力し、あの頃を良く思い出そうとしている。あの時、僕がどんな気持ちで作品に取り組んでいたか、どんな姿勢で観客とコミュニケーションをしていたかたくさん考え、今も考えようとしている」と打ち明けた。

彼はSNSや「V」ライブを通してファンと持続的にコミュニケーションするように努力するとし、「あの頃も今も、初心を守るために努力している」と打ち明けた。