1

4人の女子学生がおしっこを燃料にした発電機を開発したり、金属とバクテリアを使って糖をジェット燃料に変える技術が開発されたりと、さまざまな代替エネルギーが模索されています。そんな中、新たに発表されたのは、下水汚泥、つまり人間の糞便から原油を生み出す技術です。

PNNL: News - Fuel from sewage is the future - and it's closer than you think

http://www.pnnl.gov/news/release.aspx?id=4317

下水汚泥をバイオ原油に変える様子は以下のムービーから確認できます。

From the Toilet to the Tank - Biofuels from Sewage - YouTube

私たちは毎日、340億ガロン(1290億リットル)の下水汚物を生み出しています。自然界に必ず生み出されるこの下水汚物を使って、Biocrude(バイオ原油)と呼ばれる原油を作り出す技術が開発されたと、Pacific Northwest National Laboratory(PNNL)が新たに発表しました。



バイオ原油は、343度にまで温められた下水汚泥を3000重量ポンド毎平方インチで圧搾するという方法で作られます。下水汚物をかき混ぜて……



圧搾。この方法は「水熱液化処理」と呼ばれています。





圧搾すると、バイオ原油が完成します。これは石油を作るのと同じような方法で精製することが可能とのこと。



Genifuel Corporationという企業が特許を取得したこの技術は、実験がまだ小規模でしか行われておらず、現在は処理の速度を上げる方法を模索しているところ。しかし、2018年にはカナダのバンクーバーにある施設で実際にテスト稼働が行われる予定となっています。



バイオエネルギーに関しては、2013年には藻類からバイオマスエネルギー(微細藻燃料)と呼ばれる再生可能エネルギーを生産する家が発表され……

藻類から熱やバイオマスエネルギーなどの再生資源を自ら生成する家 - GIGAZINE



Global Algae Innovationsというプロジェクトが藻類を代替ガソリンやタンパク源に転用することで、エネルギー問題を一挙に解決しようとしていました。

二酸化炭素・太陽光・水で簡単に育つ藻類を代替ガソリンや栄養素に変えて地球温暖化問題を一挙に解決する「Algae」とは? - GIGAZINE



しかし、PNNLの研究者らは、糞便に含まれる炭素からパイオ原油への変換効率は60%であることから、下水汚泥をエネルギーに変えるという技術にこそ大きな見込みがあると考えています。

もちろん、この原油は化石燃料と同様の性質を持つので、二酸化炭素を排出するという問題は解決されません。しかし、環境を破壊する油田採掘という慣習への依存を小さくすることが可能です。



なお、石油製品需要は縮小する傾向にあり、ガソリン需要は今後5年で平均2.5%減る見通し。また経済産業省は、2020年度の石油製品需要は15年度の実績見込みに比べ8.4%減の1億5776万キロリットルになるという予測を発表しています。

Energy Giant Shell Says Oil Demand Could Peak in Just Five Years - Bloomberg

http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-11-02/europe-s-biggest-oil-company-thinks-demand-may-peak-in-5-years

石油製品需要は今後5年間で平均1.7%減、前年予想から悪化−経産省 - Bloomberg

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-04-01/O4Y1F06JTSEA01