「植田真梨恵LINE LIVE LIVE of LAZWARD」が11月8日(火)夜9時から配信される/撮影:竹谷さくら

写真拡大

12月14日(水)に2ndアルバム『ロンリーナイト マジックスペル』のリリースを控え、今も“夢パレTOUR”と称したフリーライブイベントを各地で開催している植田真梨恵が、11月8日(火)にLINE LIVE CAST特番を配信することが発表された。

【写真を見る】全身全霊で歌い上げる/撮影:竹谷さくら

10月22日の宮城・銀座山野楽器仙台店でのインストアライブを皮切りに、わずか2週間の間に、仙台、札幌(北海道)、久留米(福岡)、大阪、広島、岡山、香川、愛媛と計8カ所11本のフリーライブを敢行するなど、多忙を極める植田。

その夢パレTOURの合間を縫い、LINE LIVE CAST特番を配信することが決まった。

今回のLINE LIVE CASTは、これまでの配信とは趣向を変え、バンドのサポートメンバーとしていつも美しいピアノメロディーを奏でる西村広文を迎え、スタジオから全編生演奏のスペシャルライブ特番を予定。

'13年以来、毎冬ごとにツアーを行い、'16年はBillboard Live OSAKAで単独公演を行うほど人気を博してきた植田の歌&アコギと、西村のピアノによる“LAZWARD PIANO”。

その熱と緊張感をそのまま凝縮して配信する1時間は、チケットもなかなか取れないライブが見られるとあって、ぜいたくこの上ない夜になることだろう。

また、「COUNTDOWN JAPAN 16/17」への出演、来年は映画「トモシビ」への出演、そして地元の久留米ふるさと大使就任など、活動の幅が広がり続ける植田の動向から目が離せない。

まずは、配信でその生歌の破壊力といい意味での中毒性に酔いしれよう。