©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会

写真拡大

10代の破裂しそうな恋を描くジョージ朝倉の伝説のコミックを新鋭の女性監督・山戸結希が映画化した『溺れるナイフ』。

ドキドキ切ないシーン満載♡ 『溺れるナイフ』フォトギャラリー

11月5日(土)に公開されるこの注目の青春ラブストーリーで、東京から引っ越してきた人気モデルの夏芽に想いを寄せる高校生の大友を演じたジャニーズWESTの重岡大毅さんにインタビューしました。

『溺れるナイフ』は東京から田舎町に引っ越してきた人気モデルの夏芽と、彼女が心惹かれる荒々しくも閃光のようなオーラを放つ少年コウ、夏芽に寄り添ううちに彼女に仄かに想いを寄せるようになるコウの中学時代のクラスメイト・大友らを中心に、10代特有のひりひりした恋を描く青春ラブストーリー。

ヒロインの夏芽を小松菜奈が、粗暴な少年・コウを菅田将暉が鮮烈に体現した本作で、圧倒的な包容力と優しさを持つ大友を親しみやすい等身大のキャラクターで演じ、映画を鑑賞した女性たちを夢中にさせているジャニーズWESTの重岡大毅が、貴重な撮影秘話からジャニーズ事務所に入る際の面白エピソードまで素顔全開で語ってくれました。

演じていちばんドキドキしたシーンは、○○シーン。初めてやったし…

――重岡さんは大友をどんな青年だと思って演じられましたか?

「すごい奴だなと思いました。夏芽のために身を粉にしているというか、本当にまっしぐらじゃないですか? しかも、頑張ってるぜ〜みたいな感じも見せないし。

高校生でそんなの無理ですよ。普通はカッコつけたくなると思うんやけど、大友はそういうのを一切しない。

自分のことは本当に二の次、三の次って感じでいるから、自分では気づいてへんか知らんけど、オマエ、スゴいねんぞっていうイメージが俺の中にはありました」

――原作よりも映画では大友の真っ直ぐさが強調されていて好感が持てました。

「そういうところをわりと抑えようと思っていたんですよ。でも、完成した映画を観たら、夏芽を横にして、ちょっと気持ちよくなっている大友というか、僕がいましたね(笑)」

――いままで出演された映画やドラマと何か違うところはありましたか?

「いままでの中でいちばん自分の素に近い役ではあるのかな。でも、そこを求める山戸結希監督の演出はいままででいちばん難しかったかもしれないです」

――監督からはどんな指示がありました?

「細かい指示が多かったですね。『このセリフのときに夏芽の左腕を見てください』とか『このときにアイスをかじってください』『このときにアイスを下ろしてください』といった動きの指示もあれば、セリフが現場で何回も変わることがあったし、セリフが足されたり引かれたりする中で素に近いお芝居をしなければいけなかったから、すごく難しかった。

本当にそこが軸やったから、僕がちょっとでも力が入ったり、セリフや動きに追われてしまうと、すぐ『カット』がかかって絶対に『OK』をもらえなかった。

そこらへんはすごいシビアやったし、とにかく何かにとらわれたらいけない現場でしたね」

――監督のこだわりがすごいんですね。

「1シーンの中で5つも6つも指示が飛ぶから、ウワ〜って頭が混乱して、監督に1回『大友、呼吸〜!』って言われましたからね(笑)」

――山戸さんのような若い監督の現場は、ほかの現場とは違いましたか?

「僕はまだそんなにたくさんの映画に出ているわけではないけれど、最初からスゴいな〜、こんな現場もあんねんな〜とは思っていたんです。

菅田くんとご飯に行ったときに『こういう現場は普通なん?』って聞いたら、『気づいてなかったんか? これ、スゴいぞ!』って言われて(笑)。そのときに“そうなんや!

あんなにいろんな映画に出ている菅田くんも特殊だと感じてんや”って分かって、むしろラッキーに思いました」

――それにしても、和歌山の漁師の息子に完全になっていたから驚きました。

「嬉しいわ。その感想はほんま嬉しい(笑)」

――どうやってアイドルのオーラを消したんですか?

「教えましょか? というか、勝手に消えていた(笑)。思ったよりなかったみたいな(笑)。でも、衣裳さんやメイクさんの力が大きかったかもしれないですね。

眉毛なんてエグいぐらい足したし、髪の毛ものっぺりした感じにして。衣裳もダサいの、ダサいの、いや、もっとダサいのに何回も何回も着替えましたもん」

――少しぐらいのダサさではカッコよさが滲み出ちゃうんですね(笑)。

「かな?(笑) それに僕もけっこう『そのへんにいそうな感じがする』って言われるから、そのイメージがうまく活きたんやないですかね」

――演じていて恥ずかしいって思うことはなかった?

「いや、全然ないっす。普段やれないことをやるのはすごく好きなんで、楽しかったですね。

ダッサ、このTシャツって思いながら演じていました(笑)」

――最初に言われたこと以外で、大友と自分はここが違うなと思うところは?

「僕だったらこんなことはしない、みたいなのは挙げたらけっこうあります。あのカラオケのシーンとか(笑)」

――あんないい奴いないですよね。

「そうですよ。めっちゃ振り回されてるやん! でも、そこは全然飲み込んで、それでも夏芽の力になってあげる、尽くすっていうさ。俺にはあんなカッコ悪いこと全力でできないですものね〜。う〜ん、あれはスゴいなと思う」

――重岡さんだったら、どうします?

「いや〜俺はわりと引いてまうと思うんですよ。そんなに傷ついてないよっていう雰囲気を装いながら(笑)、ほんまに『そっか〜、ほな、今日は帰ろか』って言うと思う。でも、あんなことできる奴、なかなかおらんと思うけどな〜」

――大友を演じていて、いちばんドキドキしたシーンはどこですか?

「キスシーンかな。キスシーン自体が初めてやったし。だから、ドライ(テスト)のときから実際にするのかな? えっ、どうなんやろう? ドライのときはせえへんのかな? みたいなことも思っていて(笑)。

本番は意外と力を抜いてやれましたけど、あそこはいちばん緊張したし、めちゃくちゃ長丁場で何回も何回もやったからすごく想い出に残っている」

――カラオケのシーンは、完成した映画でもかなり長いシーンでした。

「僕も思いましたよ! カラオケの2番まで行ったで〜と思って(笑)。でも、あのシーンも監督の指示がほんまスゴかった。『歌ってる途中に回ったりするのもいいよね。はい、行こう!』とか『もっとワクワクした感じで』とか、監督が現場で思いついたものをポンポン投げてくるような演出だったから、それをうまく受けとめるのが大変で。ほかの現場とは確かに全然違う現場やった」

――監督からポンポン飛んでくる指示にはどう対応しようと思いました?

「俺、そういうのは別にあまり硬くならなくて。

基本的に飛び込んで行こう精神でいるし、現場では自分の感性を信じ、感じたことだけをやろうと思っているんで。だから現場には何も準備をせず、どちらかと言うと、空っぽの状態で行くことが多い。柔軟に動けることがいちばん大事やし、空っぽの方が感じることも多いと思うから。お芝居だけじゃなく、俺はいつもそうですよ。

現場に行けば何かが絶対に生まれるし、準備していっても現場でやりたいことが変わってくるので、お芝居の場合もセリフを入れていくだけやね」

――現場ではどんなスタンスでいることが多いんですか?

「目の前にいる相手の役者さんのことを考えているかな。ただ、相手の気持ちを感じたいと思わないようにしていて。欲が出ると力が入ってしまうから、空っぽで行って、ほんまに息をしているだけですね(笑)」

――でも、今回の現場ではそれすら忘れたわけですね(笑)。

「そうそう。『呼吸!』って言われましたもん(笑)」

――監督から「呼吸!」って言われた、いちばん大変だった撮影はどこですか?

「いちばん大変やったのはさっき話したキスシーンやろな。いちばん長回しやった気がするし、セリフの量も指示も多かったんで」

――大友は原作でもすごく人気のあるキャラですし、今回の映画を試写で観た女性の反応も「重岡さんの演じられた大友がいい」という感想が多いみたいなんですけど、大友が愛される理由は何だと思いますか?

「カッコいいからと違いますか」

――いや、重岡さん自身のことじゃなくて(笑)。

「いやいや(笑)。でも、マジで大友ってカッコよくないですか?(笑)

やっていることも可愛らしいし、あの不器用な感じが母性本能をくすぐるんと違います?」

――お話を聞いていてもコミュ力がハンパないなと思いましたけど、現場で共演者の方々とコミュニケーションをとるときに意識していることは?

「コミュニケーションってやっぱり難しいですから、僕もやっては失敗して、やっては失敗して、じゃあ、次はこうしよう! という感じでいままで生きてきたんですけど、今回の現場では、いろいろめっちゃウケたんですよ(笑)。というのも、ピリピリするヘヴィなシーンが多かったから。

俺が『おはようございま〜す』って現場に入っていくと、スタッフさんがぐったりしていて、それこそ夏芽役の小松ちゃんなんて、ほんま死んだ魚のような目をして座っていることもあったんです。

でも、俺がらみのところはバッティングセンターで夏芽と話したり、チャリンコで魚を届ける和むシーンがほとんどだったんで、その現場の空気にも助けられて、俺の言うことがけっこうウケるから、楽しかったですね(笑)」

――それで調子に乗ったんですね(笑)。

「そうそう(笑)。それに今回の映画は和歌山で撮ったんですけど、俺の撮影は毎日じゃなく、1日や2日連続のオフがあったから、ひとりで部屋でボ〜っとしていることも多くて。

トンネルを2つ通らないとコンビニもないし、喋りたくても喋られへんみたいな感じで、人に飢えていて、現場に行ったらめっちゃ喋ってた(笑)。

それに、現場も“急にうるさい奴が来たな!”って感じのテンションで自然に受け入れてくれて、ちょうどそこにハマったのかな。だから、笑わせていたというより、笑われていたのかもしれないですね(笑)」

演じながら、女性の心理や行動は分からへんことばっかりやと思ってました(笑)

――もともと人を笑わせるのは好きなんですか?

「好きですね。そこは関西人の血ですかね。やっぱりウケたいっすもん。キャーキャー言われるより、そっちの方が全然嬉しい(笑)」

――そういったコミュ力も関係していると思うんですけど、コウと夏芽の距離感とは対照的に、大友と夏芽の距離感はすごく近くて、それが自然です。あの距離感はどうやって作っていったんですか?

「どう作っていったやろな〜? でも俺、現場で小松ちゃんとおるときは全然硬くならなかったんですよ。

この現場で初めて会ったのに、すごい喋りやすいな〜と思っていたんやけど、取材で小松ちゃんが『初めて会った感じがしなかった』って言うてるのを聞いて、それや! と思って。

彼女もそう思ってくれていたから、あんなに喋りやすかったのかもれないし、それが土台としてあったので、俺もそんなに硬くならず、友だちのようなナチュラルな距離感が作れたんやないかな」

――演じながら、女性の心理や行動で分からないな〜と思うところはなかったですか?

「分からへんことばっかりやと思ってました(笑)。特に上白石さんが演じた(大友のクラスメイトの松永)カナちゃんの、笑ってるけど、ほんまは笑ってないあの表情はほんま怖っ!と思った。

この笑顔の裏には何かあるって感じが伝わってきたし、女の人のめちゃめちゃ怖いところを見た感じがしましたね」

――夏芽の心の動きに関してはどうでした?

「夏芽はずっとコウを追いかけていたけど、なんで好きなんやろな〜と思ってました(笑)。バーンって押されて、キスされるみたいなのとかさ〜ドS、ドS。めちゃくちゃやん、みたいな。ああいうのが好きなんや〜と思って(笑)。強烈なんやろな。

神々しいオーラみたいなものが出てたから、そういうところに惹かれているのかな? と思ったけど、ほんま分からへんかったわ」

――完成した映画を観て、ご自身が演じた大友はいかがでしたか?

「う〜ん、いい悪いではなくて、あっ、このシーンってこうなったんや〜とか、そういう答え合わせ的な感じで観ていたかもしれないな〜。ただ、カラオケのインパクトが凄すぎて。

あれ、自分がやっているって考えて?(笑)メンバーの藤井流星と一緒に試写を観たんですけど、流星も横で『ウワ〜』って言ってるから、俺もめちゃめちゃ恥ずかしかったんですよ(笑)」

――藤井さんが自分から「観たい」って言われたんですか?

「試写会に行く話をしているときに、流星が『あっ、俺も行きたいねんな〜』ってボソッと言うてたのは聞いてたんですけど、当日行ってみたら流星がいたから、ほんまに来たんや〜と思って(笑)。でも、ちょっと嬉しかったですけどね」

――感想は聞きました?

「試写が終わってからふたりでカフェに行って、『よかったよ〜』みたいな話はしてもらいましたけど、そこでも『カラオケが』『カラオケが』ってめっちゃ言うから、『ちょっとやめてくれよ〜』って頼みました(笑)」

――タイトルにちなんでお聞きしますが、いままでに何かに溺れたことはありますか?

「あ〜ほんまに俺、すっごい汗かきなんですよ。だから、ステージがビッチャビチャになって溺れるときがあります(笑)。言うたら、溺れさすみたいな感じです。

ピンマイクの電波を飛ばす腰につける機械を、汗で潰してますから。ほんまに。いや、これは溺れさせた話やな(笑)。じゃなくて、何かに没頭したみたいなことですよね?」

――そうです、そうです。

「いや〜勝手に脱線して、勝手に本線に戻ってすみません(笑)。でも、なんやろ?何に溺れたことあるやろ? 没頭やろ? あ〜でも、それはいまの仕事ちゃいますかね。

初めてステージに立ったときに、遊園地に行ったときのようなワクワクする感覚になったことを未だに覚えてますもん」

――初めて立ったときにもうワクワクしたんですか?

「しました、しました。なんでこんなにいっぱいの人が見てんの? みたいな。後ろの方で踊っているんですけど、何してるの、俺? みたいな。だって、ほんま、昨日一昨日までは普通の子やったんで。

まあ、ジャニーズならではだと思いますけど、あんまり練習もしていないのに『はい、ステージ!』ってパッと急に上げられることが何回もあったんで。

そこからもう没頭でしたね。最初は部活の延長線みたいな感じやったけど、生活の中心に一気になりましたし、やっぱり絶対にデビューしてやる! みたいな気持ちになりましたもんね」

14歳の冬、経験したことのない世界が一気にウワ〜って押し寄せてきた

――ちなみに、ジャニーズ事務所には自分の意志で入ったんですか?

「俺は友だちと一緒に履歴書を送りましたね。その友だちが『ひとりで履歴書を送るのはイヤやから一緒に送ろうよ』って誘ってきたから『え〜』って言いながら送ったんやけど、内心“俺、イケるんちゃう”みたいなのがあって(笑)。

ジャニーズに入ったのは中学のときなんですけど、あの年代って周りの目をいちばん気にするじゃないですか? だから、『俺、ジャニーズ事務所に入りたいねん!』ってなかなか言えなくて。

『オマエ、自分のことをイケメンだと思ってるの?』

って絶対に言われますから、友だちが誘ってくれたのはいいきっかけでした(笑)」

――中学何年生だったんですか?

「中二ですね。それで友だちの女の子が履歴書をバ〜っと書いて、あとはポストに入れるだけのものを作ってくれたんですけど、俺、一緒に同封する友だちと一緒に撮った写真をあんまり気に入ってなくて。

でも、『気に入ってない』なんて言えないから『俺、こんなんでええで』みたいなことを言うてたんですけど、そのポストに投函するだけのものを家で綺麗に開けて、そこに駅前の機械でひとりで撮った証明写真を入れ直しましたね(笑)」

――芸能界に興味があったんですか?

「いや、全然なかったんですけど、いきがっていたんでしょうね。だから、一次審査の合格通知はFAXで来るんですけど、それだけで満足やったんです。オカンもFAXが届いて初めて履歴書を送ったことを知ったんやけど、『俺、行かへんからええ』って言ってて。

俺はその合格通知のFAXが届いただけで嬉しかったし、実際、それを綺麗にファイリングして、学校に持って行くことしか考えていなかったんです。

でも周りに『行け、行け』って言われて、二次審査にも行ったら、受かっちゃった(笑)」

――それで先ほど言われたように、初めてのステージでワクワクしちゃったんですね。

「そうです。14歳の冬ですかね。初めて出たのが、関ジャニ∞の安田(章大)くんのバックやったんですよ。そしたらほんまに、経験したことのない世界が一気にウワ〜って押し寄せてきて。それでやってみようって感じでした」

――最初にステージに立ったときに何にワクワクしたんですか?

「いろんなことですね。それまでは鬼ごっこばっかりしていて、ダンスを踊ったことも歌うこともなかったし、触れることもなかったから、もう全部です。

ステージに上がることもあまりないし、中学のときに歳の離れた人と接することもないと思うけれど、いちばん上はジャニーさんで、下には小学生の子とかもいましたからね(笑)。

でも、ダンスも歌もできて、お喋りも上手な人たちがいっぱいいる、何、この世界? というところにいきなり飛び込んだので、波がうわ〜って来て、その揉まれている感じが楽しかったんだと思います。

で逆に、それまでは大人からめっちゃ怒られることなんてなかったけれど、俺、不器用やったからめちゃめちゃ怒られました」

錦戸(亮)くんのひと言で、気づかされた

――怒られることもいい刺激になったわけですか?

「いや、怒られるのはめっちゃイヤやったですよ。だから、ひとりで夜の公園に行って、街灯の下でダンスの練習をしてました。そういう自分がちょっとカッコいいな〜とか思いながら(笑)」

――辛いときほど、自分をちょっと客観視するところがあるんですかね。

「ああ、それはちょっとあるかもしれない。いまでこそなくなったけれど、昔はもっとカッコつけていたような気がするし、周りからの見え方を人一倍気にしてましたね。

気にしなくなったのは、お芝居をしてからだと思います。

錦戸(亮)くんと一緒に舞台に立ったときに、『オマエ、カッコつけるな!』みたいなことを言われて。

いや、カッコつけたつもりはなかったんですけど、いいシーンにしないと、聞かせるセリフを言わないと、みたいなことを、たぶん考え過ぎていたんでしょうね。

でも、そのときに周りの見え方を気にしてお芝居をしたらあかんのやと、気づかされたんです」

――最後に、劇中の大友のように彼女にカラオケを歌うとしたら、何を歌いますか?

「何、歌うやろ〜(笑)。あのシチュエーションでやろ。うわっ、何しよう?(笑)むっちゃ難しいっすね〜。そうやな〜(と、状況を頭に浮かべながら)。え〜、『世界に一つだけの花』!」

どんなことを聞いても気取らない人柄で友だちと話すように答えてくれて、あっという間に周りを楽しい空気にしてしまう重岡大毅さん。

その誰に対しても壁を作らない明るいキャラクターが、現場で「太陽」と言われ、ヒロインの夏芽を演じた小松菜奈さんの癒しになっていたというのも納得。

『溺れるナイフ』の大友にはそんな重岡さん自身の魅力がたっぷり反映されているので、誰もが彼のことを好きになってしまうのだ。必見!