写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2016年11月2日(現地時間)、Microsoftは米国ニューヨークで発表会を開催し、「Microsoft Teams」を発表した。既存のチームコミュニケーションツール「Slack」の対抗馬として、1対1のコミュニケーションやチャンネルを設置したグループコミュニケーションなどを可能にする。メッセージのやり取りはスレッド形式で表示され、Skype for Business経由による音声やビデオ通話も可能。さらにWordやExcelなどOffice 365アプリケーションともシームレスに連携するため、Office 365環境におけるコミュニケーション基盤となる。

2017年第1四半期のGA(一般提供版)を目標に開発が進められ、既にMicrosoft Teamsは181カ国で18言語に対応したレビュー版を、Office 365 Business Essentials、同Business Premium、同Enterprise E1/E3/E5の契約者に対して提供開始。Windows 10やWebブラウザー経由で動作し、macOS版やAndroid/iOS向けアプリケーションの提供も予定されている。

より詳しい説明は公式ブログで行われ、発表会のダイジェストはこちらから視聴可能。Microsoft CEO Satya Nadella氏は「すべての個人は異なる。すべてのチームにも当てはまる」と述べ、Microsoft Teamsをオープンなデジタル環境を実現するため作ったと説明。Slackは公式ブログでコミュニケーションツール市場への参入を歓迎しつつ、「コミュニケーションは難しい」とコメントした。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)