「タイガーマスクW」(テレビ朝日系)で、新日本プロレスの永田裕志選手と劇中に登場する永田選手の声を担当するてらそままさきが対談!/(C)梶原一騎・辻なおき/講談社 (C)テレビ朝日・東映アニメーション

写真拡大

テレビ朝日系で放送中の「タイガーマスクW」(毎週土曜夜2:45-3:15ほか)で、新日本プロレスの永田裕志選手と、アニメに登場する永田選手の声を務めるてらそままさきの対談インタビューを敢行。

【写真を見る】初対面の永田選手とてらそまはガッチリ握手!/(C)梶原一騎・辻なおき/講談社 (C)テレビ朝日・東映アニメーション

同作品は、'69年と'81年にテレビアニメ化され大人気となった、梶原一騎・辻なおきによるプロレスコミック「タイガーマスク」のその後を描いた作品。

初代タイガーマスクの伊達直人が残した“タイガーマスク”を引き継いだ東ナオトと、報復のため自ら敵陣営に加わり内部から組織をつぶすため“タイガー・ザ・ダーク”となった藤井タクマの2人の若きプロレスラーが、プロレス界の裏の組織「虎の穴」に立ち向かっていく。

劇中の永田選手は新日本プロレスに所属し、経営にも関わり、いつも集客を気に掛けている選手たちのリーダーとして登場する。

――お二人とも、今回が初対面ですか?

永田:そうなんです。お会いできるのを楽しみにしていたので、きょうはてらそまさんとお会いできて光栄です!

てらそま:永田さんの胸板の厚さに驚きですよ! 僕もトレーニングをしていますが、これくらいの胸板じゃないと、リングには立てないんだなぁーと実感しました。きょうは永田さんとお会いできて、記念日になりました。

――声を務めるてらそまさん、アニメとして登場する永田選手も、国民的な人気の作品に出演することについてどう感じていますか?

てらそま:大変光栄なことです! 47年前に「タイガーマスク」が放送された時は小学生で、存分に影響を受けて育ってきたので、あれから47年たち、その後を描いている「タイガーマスクW」で自分が声を出して、魂を与えられるのは大変うれしいですね。

永田:正直言って、驚きとうれしさがありました。新日本プロレスには選手がたくさんいるので、「ちょっと出るくらいかな…」と思っていたところ、こんなにも大役で、しかも“永田裕志”が出てくるなんて、ビックリでした。素直にうれしいです。

てらそま:永田さんは実際に現役でバリバリとリングに上がっている方なので、どうやろうかと悩みましたね。

永田:僕の特徴を捉えていると思いますよ! 息子と放送を見たんですが、息子が「お父さんに似てる!」と開口一番言っていました。ちなみに、僕ってアニメの中ではどういった役なんですかね? まだ、レスラー辞めていないですよね(笑)。

てらそま:実際に、レスラーとして戦っているシーンも出てくるので、レスラーとフロント兼用ですよ。

永田:そうなんですね! 重要なポジションでうれしいな。将来的に、本当にこうならないかなぁ(笑)。

――てらそまさん自身は、声を担当する方にお会いすることはありますか?

てらそま:実際に、自分が声を担当する人に会うのは初めてです。作品を作るということに変わりはないですが、永田さんは現実の世界で生きているので、どうアニメの世界に現実世界で生きる永田さんを表現できるか考えましたね。永田さんの声を担当するに当たり、かなりの試合映像を見ましたね(笑)。「ゼア!」をここぞという時に使いたいと常に思っています! 解説をしている時ではなく、リング上で戦っている時にこのせりふを使いたいな。

永田: 同じということはあり得ないので、どういった永田裕志が出るのか楽しみでした! 放送を見て、自分自身に「貫禄があるなぁ〜」とか「いい声してる!」と感動しましたね。放送のたびに、どういった永田裕志が出るのかワクワクしているんですよ。そして、てらそまさんに「タイガーマスクW」に出てくる永田裕志を面白くしてもらって、僕もそっちに流れていこうかな(笑)。

てらそま:アニメの中では、永田さん自身が持っているコミカルな面をちょっと大きく表現しているので、怒らないでくださいね(笑)。

永田:怒らないですよ! どんどん僕の幅を広げていってください! 僕が想像もつかないような僕に。

てらそま:ありがとうございます!

――「タイガーマスク」と「タイガーマスクW」の魅力を教えてください。

永田:「タイガーマスク」は時代背景もありますが、“夢を持つ”という高度経済成長期の当時の世相とアニメが合っていたことに引かれるのかなと、今になって思いますね。今回の「タイガーマスクW」は報復が今のところのテーマになっていますが、どう今の時代とリンクしていくか楽しみにしています。

てらそま:タイガーマスクがプロレスを通じて「君はどうありたいか?」といったことを問われていた気がしますね。

永田:「タイガーマスク」がテレビアニメで放送されていたのは、47年前なんですよね。よくよく考えると、僕は生まれて1歳です(笑)。ということは、再放送を見ていたんですね! 大人も子供も楽しめて、今の子供たちも「タイガーマスク」という作品が過去にもあったことを知るきっかけになりますね。

てらそま:本当、素晴らしいですね。

――アニメを機に、プロレスも盛り上がっていきますね。

永田:それを狙っていますよ(笑)。僕も「タイガーマスク」を見てプロレスを知って、当時のスーパースターであるジャイアント馬場さんやアントニオ猪木さんが実際にいることを知って、よりアニメが好きになって。僕と同じように、アニメからプロレスに興味を持つという人も多いと思うんですね。アニメからの入り口でもいいので、どんどんプロレスに入っていってほしいですね!

――では、最後に「タイガーマスクW」の見どころをアピールしてください!

てらそま:ロックなアニメです(笑)。そのロックな部分がどう作品に反映されているか、どう視聴者の方が感じてくれるか、楽しみにしてくれたらと思います!

永田:僕はいちファンとして「タイガーマスクW」を見ているので、いろいろな人に夢を持つことの大切さや夢を追い掛ける気持ちを持ってもらいたい。僕自身も「タイガーマスク」というアニメを見て、こういった仕事に就いているので。アニメを見てプロレスをやる人が増えてほしいですけど、それだけではなくもっと大きなものを得られると思います。ぜひ、「タイガーマスクW」を見て、吸収してほしいですね。