上段左から福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、中段左から北村一輝、栗山千明、満島真之介、下段左から市川海老蔵、田中泯、山崎努

写真拡大

2017年4月29日から全国で公開される三池崇史監督の映画『無限の住人』の追加キャストが発表された。

【もっと大きな画像を見る】

沙村広明の同名漫画をもとにした『無限の住人』は、江戸時代を舞台に不死身の肉体を持つ剣士・万次が、亡き妹に似た少女・浅野凜の用心棒となり、戦いに挑むという物語。これまでの発表では主人公の万次役を木村拓哉、凜役を杉咲花が演じることが明らかになっていた。

今回出演が発表されたのは、勝つことのみを目的とする剣客集団・逸刀流の統主で、凜が復讐を誓う天津影久役の福士蒼汰をはじめ、逸刀流を狙う集団「無骸流」に所属し、万次に共闘を持ちかける尸良役の市原隼人、天津が信頼を寄せる女剣士・乙橘槇絵役の戸田恵梨香、逸刀流の刺客・閑馬永空役の市川海老蔵。さらに伊羽研水役に山崎努、吐鉤群役に田中泯、黒衣鯖人役に北村一輝、百琳役に栗山千明、凶戴斗役に満島真之介がキャスティングされている。

同作で初めて悪役を演じる福士は、刀を使った本格的な立ち回りにも初挑戦。三池監督は「今までと違う一面を自分の内面から出してきた。大変なプレッシャーすらも自分に取り込んでしまう彼の性格がうまく作用した」と太鼓判を押している。

あわせて木村演じる万次のビジュアルが、オフィシャルサイトで公開。木村は独眼の万次を演じるに当たって、右目を特殊メイクで閉じて全編の撮影に臨んだという。

■福士蒼汰のコメント
最初は悪役と聞いて、自分自身そのような役を演じたことがなかったので素直に楽しみだなと思いました。天津影久は、一本芯が通っていて、志を持って生きている人物です。ただの「悪人」というわけではないので、悪の中にある人間味をどう演じるか意識しました。三池監督とは『神さまの言うとおり』以来、2作目のお仕事になります。前回同様、自分が思う天津影久を体現していくとそれを監督が受け止め、もっとこうしようとアドバイスを下さりました。自分にとって、挑戦しながら沢山の勉強ができる現場でした。木村さんとは初めて共演させて頂きましたが、全力でぶつかってきて下さるので、自分も全力で挑むことができました。そのような環境を作っていただいたので、緊張しながらもとても刺激になる撮影でした。

■市原隼人のコメント
今まで演じた不良や悪い役は同時に正義のある役でしたが、今回は武士の情けも通じない、常識が一切通用しない、間違いなくこれまで演じたことのない最恐の役でした。原作にも「非道な男」と書いてあり、その世界観を出したいと思って演じました。観ているお客さんが、出てくる度に「うわ、めんどくせぇな」とか「うわ、出てくんなよ」と思って頂けたら嬉しいです。

■戸田恵梨香のコメント
アクション映画が初めてだったので一つのアクションを撮るのに凄く時間がかかる事に驚く日々でした。槇絵はかっこよさと儚さと可憐さをもつすごく魅力的な女性で、そういう女性像は今まで演じたことがなかったですし演じていてとても気持ちが良かったです。
木村さんとは、初めて出演した連続ドラマ以来の共演だったので約10年ぶりでしたが、久しぶりに再会して「恵梨香、何歳になったの?」と聞かれて。「27です」って言ったらすごく驚かれていました。良きお兄さん的な存在でもありましたし、アクションに関して無知だった私に、すごく丁寧にコツを教えて頂きました。

■市川海老蔵のコメント
木村拓哉さんとは映画では今回が初めての共演となり大変光栄でした。また過去何度もご一緒している三池崇史監督の作品ということで、お話を頂いてすぐお引き受けしました。映画の中では不死身の万次を窮地に追い込むほどの強い役でしたので、脚本を読んだ時から木村さんと対峙するシーンをどう演じるのか何度もシミュレーションし、冬の京都で、極寒の中何カットにも渡るアクションシーンの撮影に臨みました。木村さんとの1対1の真剣勝負のお芝居は、緊迫した空気が張り詰め、久しぶりの映画の現場でとても刺激的でした。完成がどうなっているか僕自身本当に楽しみです。

■北村一輝のコメント
今回「龍が如く 劇場版」(2007)以来10年ぶりの三池組に参加させて頂きました。短い日数ではありましたが、三池組の刺激的で濃密な撮影時間を堪能できたこととても嬉しく思います。黒衣鯖人は、複雑な特殊メイクに時間を施し、丹精込めた役所となりました。

■栗山千明のコメント
百琳役を演じさせて頂きました、栗山千明です。「無限の住人」は描かれている個々のキャラクターの闇や葛藤が胸を打つ作品だと感じました。撮影日数は少なかったのですが「無限の住人」の世界に入れて、久しぶりの三池組の心地よい緊張感を味わえて幸せでした。是非多くの方々に観て楽しんで頂きたいです。

■満島真之介のコメント
以前から愛読していたこの漫画をまさか実写映画にするとは思ってもみませんでした。しかし、そこに三池監督、木村拓哉さんがタッグを組むという奇跡。そして、その世界に参加できる喜びは、一日中踊り続けても興奮はおさまらないほどでした。木村拓哉さんのとても男らしく強い背中を追いかけて食らいつきました。兄貴!ありがとうございました。(笑)