写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デジタルアーツは11月7日、標的型攻撃対策としてのログの相関分析において、情報漏洩防止と内部統制を推進する企業・官公庁向けWebフィルタリングソフト「i-FILTER(アイフィルター)」と日本IBMの「IBM QRadar Security Intelligence Platform(以下 QRadar)」とを連携し、11月7日より提供開始すると発表した。

これにより、「i-FILTER」単体製品ではモニタリングできなかった、特定端末からの特定URLへの高頻度な異常アクセスの検知などを実現する。

また、「i-FILTER」・「m-FILTER」と「QRadar」を連携するためのアプリケーションは、日本IBMの「IBM Security App Exchange ジャパン・エコシステム」に今後登録予定。

なお、メール通信を一元管理する「m-FILTER」との連携は順次検証予定だという。

(丸山篤)