「ケチな男性」が絶対に買わないもの5つ

写真拡大

ケチな男性と関わってしまい、嫌な思いをしたことがある女性は少なくないと思います。倹約家なのはいいことですが、ここぞという場面で「ケチ」な一面を見てしまうと、その男性に感じていた魅力が激減してしまいますよね……。今回はそんなケチな男性の生態に迫るべく、働く女性たちに「ケチな男性が絶対に買わないもの」について想像してもらいました。

(1)ミネラルウォーター

・「水。お水なら家でも飲めるから、お金を出す理由がわからないと言われた」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「ミネラルウォーター。水を買うくらいならコーヒーとかジュースを買いそう」(32歳/自動車関連/技術職)

ただの水は水道の蛇口からたしかに出てきますが、ニオイや成分に敏感な人は、やっぱりミネラルウォーターを買うはず。そこを水道水で我慢している人は、ケチの片鱗が見えるかも……!? とはいえ、もちろん水道水に何も抵抗を感じない人もいるので、これだけではケチかどうかわかりませんよね。

(2)いい素材の下着

・「下着にお金をかけなそう。見えないからいいやと手を抜きそうだから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「いい素材の下着。見えないところは手を抜きそうだから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

「人に見られるものでもないから買い換えない」そんな理由で彼氏がいつまでもヨレヨレで、洗濯はしてあるけれどなんとく汚い下着を身につけていたら……いい気はしませんよね。しかし、直接他人に見られる部分ではないものにお金をかけたくない気持ちも少々わかる気がします(笑)。

(3)プレゼント

・「他人へのプレゼント。他人へお金を遣うことを嫌がりそう」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「人へのプレゼントは買わなさそう」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

大事な彼女へのプレゼントだけではなく、お世話になった人や、友人知人にちょっとしたプレゼントをすることも、「お金のムダ!」と切り捨ててしまうのはケチと言われても仕方ないかも!? ここも、お金に対する考え方が顕著にあらわれる部分ですよね。

(4)コンビニで売ってる日用品

・「コンビニで生活用品など絶対に買いません」(28歳/不動産/秘書・アシスタント職)

・「コンビニなど、値引きがないところで日用品を買うこと」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

コンビニで売っている日用品はたしかに割高です。でも、どうしても必要なものであれば、いざというとき買ってしまいますよね。少しでも安いものを求めている彼らは、決してそのお金を出そうとしないのでしょう。

(5)高い家具

・「高い家具。高くなくても使えるものがあると言いそう」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「高い家具。使えればいいと思っていそうだから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

家具にお金をかけることは、嗜好品にお金をかけることに似ています。必要以上に、品質やデザイン性の高いものを買うのは趣味のようなものですからね。お金を節約している人は、こんな部分ももったいないと思ってしまうのかも!?

<まとめ>

ケチな男性は、その買い物の仕方ひとつとってもなんとなくほかの人とはちがうはず。より安いものを捜し求め、ちょっとでもお金を出したくない!! という意志に溢れていますよね。そんな姿には、感心すら覚えるもの。みなさんは、「ケチな男性」と「金銭感覚が荒い男性」なら、どちらがいいですか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月28日〜2016年10月4日
調査人数:126人(22〜34歳の女性)