画像

写真拡大

 サイバーエージェントのインフィード広告に特化した運用プラットフォーム「iXam Drive」に、Twitter上でトレンドとなっているキーワードを取得し、入稿、配信結果に応じた精査し運用を行う「Keywords Booster」機能が実装された。

 サイバーエージェントのアドテクノロジーに関する商品開発を行うアドテクスタジオは、「iXam Drive(イグザム ドライブ)」に「Keywords Booster(キーワードブースター)」機能を実装した。

 「iXam Drive」は、インフィード広告に特化した運用プラットフォーム。キャンペーンや広告グループの追加や更新、削除などのオペレーション管理に加え、柔軟なレポート機能や入札機能、クリエイティブの追加・差し替え機能を備えている。

 今回実装された「Keywords Booster」では、同社がこれまで培ってきた運用型広告の運用経験にもとづき、Twitter上で話題となっている大量のキーワードをリアルタイムに取得。その後、入稿から精査運用までを完全自動化することができる。

MarkeZine編集部[著]