激ウマ☆ラーメン×トッポギ=ラッポギ!「ソウルおすすめグルメ4選」

写真拡大

 アナタは韓国料理が好きですか?

 筆者は韓国料理といえば、焼肉・参鶏湯・タッカンマリ・トッポギ他、辛いモノ全般、大大好きなのでグルメ・美容目的で毎年韓国ソウルに足を運んでいます。

 毎年行っているため、ソウルっ子の友達も増えました! 以前にソウルの最新美白治療を紹介しましたが、今回はソウルっ子御用達の絶品グルメを紹介したいと思います。

◆ニンニク狂い『Mad For Garlic』

 オシャレなソウルっ子に大人気で、今回はランチで行った『Mad For Garlic』直訳すると「ニンニク狂い」。イタリアンをベースにしたニンニク料理の専門店です。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=609671

 オススメは“GARLIC SNOWING PIZZA”。その名の通り雪のようにピザにガーリックとチーズがたっぷりとトッピングされています。サクサクのピザと濃厚で味わい深いチーズと刺激的なガーリックの相性は最高で、リピーターが多いのも納得がいきます。

 肉料理もどれも美味しくオススメだそう。

 明洞・江南・狎鴎亭など人気エリア他、ソウル市内の支店も多く、ジャカルタやシンガポールにも進出しているので、日本に来るのも時間の問題かもしれませんね。

◆韓国料理『Chez Maak』

 ソウルといえば、盛り上がっているのはやはり江南(カンナム)! PSY(サイ)の江南スタイルも大ヒットしましたが、世界的に人気のクラブも多く、東京で例えると銀座・六本木あたりのイメージで話題の店が数多くあります。

 今回泊まったのも江南だったので、江南や近くのカロスキル周辺で、ローカルにも人気の店に連れてってもらいました!

 初日は、表参道のようにおしゃれアパレルショップが連なる、カロスキル通りから少し入ったところにある、韓国最大のマッコリバーと呼び声高い韓国料理屋さん『Chez Maak(シェマッ)』です。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=609677

 キムチと豆腐とベーコンを一緒に食べるマッコリのツマミにぴったりな韓国料理(右は海鮮ビビンバ)。いずれもお酒が止まらなくなる美味しさ!

 種類豊富なフルーツマッコリが有名とのコトで今回はクランベリーマッコリをチョイス(美味☆)。

 マッコリ・韓国料理が好きな方は要チェックのお店です。

◆出会いの場!?『KODACHAYA』

 2日目はせっかくなので、ガイドブックに載ってないようなお店にも行きたいとリクエストしたところ、渋谷の肉横丁や、恵比寿の恵比寿横丁(エビ横)を彷彿(ほうふつ)とさせるような、イケてるソウルっ子(!?)が集う様々な店が集まるテーマパークに連れてってくれました。

 日本の肉横・エビ横と同様に、ソウルっ子同士の出会いの場にもなっているとか。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=609703

 コチラはオススメされたソウルジャンクフード(!?)“ラッポギ”(ラーメンとトッポギ)。甘辛さと炭水化物×2が織りなす何とも言えないハーモニーが、カロリーをも忘れさせる美味しさです! 焼き鳥やお好み焼きやおでん屋さんまであり、日本料理のお店も多いです。(でも日本人は全然いません)

 江南店に行きましたが、弘大や他にも数店舗あるようです。

 地元っ子に愛されているお店に興味がある方は是非行ってみてください! 楽しめると思います。

◆オマケ『MONSTER CUPCAKES』

 BIGBANGが大好きなので、G-DRAGONがインスタにアップしてた弘大の『MONSTER CUPCAKES』の目玉カップケーキをテイクアウトしました。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=609705

 見た目グロいですが、レモン味のバタークリームが濃厚で癖になる美味しさでした。BIGBANG好き・スイーツ好きなら行く価値アリです。

 今回の旅ではクラブは行きませんでしたが、有名な江南のオクタゴンをはじめ、弘大・梨奏院等にたくさんあります。ちなみに先月の連休に日本で開催した『ULTRA JAPAN』ですが、騒音問題等で21時に終演する日本と違い、ソウルでは夜中まで開催されるので、日本よりオススメです。

 筆者のオススメは、眠らない街江南でネオンを浴びながら、朝まで飲んだくれコースです。

<TEXT/ミフル>