5日、中国公安部の黄明副部長は、中国は現時点で、127カ国と各種ビザの相互免除協定を締結し、うち39カ国とは63項目のビザ手続き簡素化協定を締結しているとし、「中国のパスポートが持つ価値は飛躍的に高まっている」と述べた。写真は中国のパスポート。

写真拡大

2016年11月5日、中国公安部の黄明(ホアン・ミン)副部長は、中国は現時点で、127カ国と各種ビザの相互免除協定を締結し、うち39カ国とは63項目のビザ手続き簡素化協定を締結しているとし、「中国のパスポートが持つ価値は飛躍的に高まっている」と述べた。中国新聞網が伝えた。

黄副部長は、この日行われた第12期全国人民代表大会常務委員会第24回会議の全体会議で、「出境入境管理法」の実施状況について説明し、「全国の出入境者数はこの3年間、年平均6.7%増えている。2015年は延べ5億2000万人、今年上半期も延べ2億7000万人に達した」と述べた。(翻訳・編集/柳川)