写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●レクサス高評価の裏に「つながる技術」あり
トヨタ自動車は11月1日、同社のコネクティッド戦略について東京・お台場のメガウェブで発表会を行った。車両ではなく情報通信を主役とした、同社としては珍しい発表会。トヨタはそこで何を語ったのか。その戦略は成功するのか。発表された内容から読み解いていくことにしよう。

○つながるクルマが重要なビジネス基盤に

これまでトヨタの発表会に数え切れないほど出席してきたけれど、その経験から言っても、今回のコネクティッド戦略発表会は変わっていた。

クルマそのものではなく、クルマとクルマをつなぐコネクティッド技術をテーマとしたことがそうだし、登壇したのが同社専務役員で4月に設立されたコネクティッドカンパニーのプレジデント、友山茂樹氏ただひとりであることも異例だった。モノだけでなくコトの分野まで踏み込んだ内容も興味を引いた。

オープニングムービーに続いて姿を現した友山氏はまず、自動車業界のコネクティッド環境について言及。コネクティッドカーの登場、ライドシェアやカーシェアに代表されるクルマの利用形態の変化、ビッグデータによる新たなサービスやビジネスの創出を挙げ、ビッグデータを核とした「つながるプラットフォーム」が自動車メーカーにとって重要なビジネス基盤になっていると述べた。

もちろんトヨタはかなり前から手を打っている。2002年にはDCM(車載専用通信機)を実用化し、3年後にはレクサスに標準搭載を始めた。2008年には北米や中国にも展開。2011年には地域の電力の需要・供給を統合管理する「トヨタスマートセンター」を構築している。先日発表された、J.D.Powerの2016年日本ナビゲーションシステム顧客満足度調査では、レクサスがラグジュリーブランドで5年連続1位を獲得。その理由の1つがコネクティッド性能だとトヨタは考えている。

しかしトヨタはこれだけでは不十分と考えた。そこで4月に設立したのがコネクティッドカンパニーだ。従来は別々に行っていた戦略企画、車載機開発、インフラ開発を一体で進めることで、クルマの新しい魅力や価値を作り出すとともに、期待以上のスピードとフットワークでモビリティ社会の発展に貢献し、自動車ビジネスの変革を目指すものだ。

●ビッグデータで凍結路面も分かる
○コネクティッド戦略に3本の矢

友山氏はコネクティッドカンパニーの戦略として3つの矢を挙げた。全車コネクティッド化、新価値創造とビジネス変革、そして新たなモビリティサービスの創出である。

第1の矢で掲げた全車コネクティッド化では、2020年までに日米で販売するほぼすべての乗用車にDCMを標準搭載するとともに、KDDIと共同でグローバル通信プラットフォームを構築する。車載OSにはAGL(オートモーティブ・グレード・リナックス)、スマーフォンとの連携では米Fordが提唱するSDL(スマート・デバイス・リンク)を採用することも明らかにした。

そのためのバックグラウンドとして、すでにトヨタはトヨタ・コネクティッド、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)という2つの新会社を米国に設立している。Microsoftと共同設立した前者は、ビッグデータの集約と活用、TRIは現地大学と連携して人工知能技術の研究・ 開発を行う組織だ。

第2の矢では、東京都心のリアルタイムの道路状況が紹介された。クルマのスピードが赤、緑、青などで表示されるので、どこがどの程度渋滞しているか手に取るように分かる。また札幌市の初雪の日のデータを活用すれば、凍結路面も分かる。このようにビッグデータはすでに実用段階に入っており、全国をカバーする交通情報センターになりつつあると友山氏は語った。

第3の矢としては、トヨタスマートセンターの上位にMSPF(モビリティサービス・プラットフォーム)を構築し、官公庁やライドシェア/カーシェア/タクシー事業者、保険会社などとの連携を図っていくことが表明された。トヨタはカーメーカーとしてだけでなく、モビリティサービス・プラットフォーマーとしても進んでいくと友山氏は明言した。

●IT企業とどう対峙すべきか
○カーシェアの課題を解決するスマートキーボックス

ここで具体例として発表されたのがSKB、スマートキーボックスだ。より安全かつ便利なカーシェアを実現するためのデバイスである。

従来のカーシェアは、会員カードでドアロックの解錠を行ったあと、グローブボックスに隠されたキーを使いエンジンを掛けるという原始的な手法が主流で、セキュリティ面で問題があった。しかしSKBなら車内に設置するだけで、スマートフォンでドアロックの開閉、エンジンの始動が可能。カーシェアのスマート化を一気に進めることができる。

トヨタではこのSKBを使ったパイロットサービスを、米Getaroundと共同で、来年1月から始めるとしている。日本ではトヨタ系レンタカーなどでの展開を考えているそうだ。

今回の発表会では、今年度中に発売が予定されているプリウスPHVについての言及もあった。プリウスPHVでは、ポケットPHVというサービスを提供予定としている。スマートフォンで乗車前のエアコン設定やバッテリー状況の確認、充電ステーションの検索などができる。

ただ、同様のサービスは日産リーフなど、一部の電気自動車やプラグインハイブリッド車でも実用化されている。他の環境対応型自動車に並ぶデバイスを手に入れたという表現のほうが適当かもしれない。

○プラットフォーマー宣言のトヨタ、ITの巨人達に対抗できるか

自動車メーカーでここまで明確なプラットフォームの構築に言及した会社は異例だが、課題もある。IT企業に目を転じれば、GoogleやAppleなど、すでに自前のプラットフォームを持っている会社がいくつもあることだ。

友山氏はこうした他社のプラットフォームに対して、協調できる部分では協調していきたいと述べた。しかし車載情報通信システムでも、AppleのCarPlayとGoogleのAndroid Autoは競合関係にあるなど、現実は厳しい。トヨタのMSPFも早々に、競争社会に直面するはずだ。

ではトヨタの強みは何か。筆者はやはり、ものづくりだと考える。今回の発表会でも、個人的にいちばん刺さったのはSKBだった。今のクリエイティブシーンはたしかに、モノよりコトのほうが注目を集めやすい。しかしトヨタは80年以上もの間、ものづくりでやってきた会社だ。コトよりモノのほうが得意という経歴が、SKBにしっかり表現されていた。

プラットフォームという漠然とした枠組みの中で、いかにして人々の心を掴むものづくりを表現していけるか。それがIT企業と対峙するうえでのトヨタの肝になるのではないかと、この日の発表会に参加して感じた。

(森口将之)