中国国内ではありとあらゆる偽物、海賊品が販売されている。高級腕時計ブランドや高級ファッションブランドの偽物のほか、乳幼児用の紙おむつのような日用品の偽物まで存在するのが中国だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国国内ではありとあらゆる偽物、海賊品が販売されている。高級腕時計ブランドや高級ファッションブランドの偽物のほか、乳幼児用の紙おむつのような日用品の偽物まで存在するのが中国だ。

 それに対し、日本では偽物や海賊品が一般的に流通することはほとんどなく、店頭で偽物を見かけることはまずないと言って良いだろう。日本国内で偽物や海賊品がほとんど流通していないことは、日本を訪れた中国人たちがネット上で紹介しているためか、中国国内でも多くの中国人が知っているようだ。

 だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れた中国人旅行客の手記として「偽物が販売されないはずの日本でパクリ製品を目にした」と紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、「日本製品は品質が高く、日本では偽物が売られていないことは多くの中国人が知っている」と伝える一方、現実の日本には中国人の認識との乖離があったとし、日本でも「パクリ製品」が売られていると主張した。

 記事が取り上げた「パクリ製品」とは、北海道土産として中国人の間でも高い認知度を誇るお菓子をパロディ化した製品だ。これらは一般的には「パクリ製品」ではなく、パロディ製品として認識されているが、中国人からすれば「パクリ製品」に映ったようで、「中国人旅行客が数多く訪れる店でパクリ製品が大量に販売されていた」と紹介。

 さらに、パロディ製品は複数の種類が販売されていたことを伝えつつ、なかにはパロディ製品を買い求める中国人旅行客もいたことを紹介、「近年の日本では中国人旅行客をターゲットにした店も増えており、中国人は買い物の際には偽物を掴まされることのないよう気をつけなければならない」と主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)