画像

写真拡大 (全2枚)

 DACのDMP「AudienceOne(R)」と、ランドスケイプが構築した「エリア別富裕層データ」が連携を開始した。これにより、富裕層向けの広告配信が可能になった。

 DACとデータベースマーケティングを支援するランドスケイプは、DACのDMP「AudienceOne(R)」と、ランドスケイプが構築した「エリア別富裕層データ」を連携した。あわせて、郵便番号別に富裕層エリアを特定したインターネット広告の提供を開始した。

 ランドスケイプは、約9,500万件の消費者データから「職業属性」「居住属性」「富裕属性」などをもとに、推定資産1億円以上の「富裕層データベース」約210万件を構築した。

 今回の連携では、このデータベースを郵便番号別に富裕度を判定できる「エリア別富裕層データ」として再構築。「AudienceOne(R)」の「インターネットユーザーの居住地・郵便番号推定」技術と組み合わせ、富裕層世帯率の高い郵便番号エリアのユーザーへの広告出稿を可能にしている。

 すでに第一弾商品として、DACのDSP「MarketOne(R)」において富裕層ターゲティング広告の提供を開始。今後は「AudienceOne(R)」と既に連携しているYahoo! JapanやGoogleなどの広告商品への対応を予定している。

 また、資生堂ジャパンにて実施した検証結果では、広告へのクリック率が従来よりも2〜3倍高い数値を実現した。

MarkeZine編集部[著]