「Yahoo!UK」が「世界で最も愛されているディズニー音楽ランキング」を発表

写真拡大

「世界で最も愛されているディズニー音楽ランキング」前編

まもなくミッキーとミニーの誕生日である11月18日を迎えるにあたって、ファンたちも盛り上がっているが、ディズニーの強さは、熱心なファンだけではなく、国籍・年齢を問わず多くの人たちから愛され続けているところにある。そして、その理由のひとつに、やはり音楽の素晴らしさがあるだろう

この度、2016年9月から日本でも利用が開始されたばかりの世界最大の音楽ストリーミングサービス「Spotify」が、世界中で愛されているディズニー音楽をストリーミング回数順にランキング。そのうち、上位17曲をYahoo!UKが発表した。

1位に輝いたのは、日本でも一大ブームとなった『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー」。予想通りの結果だが、ストリーミング回数でも2位の2.5倍以上と大きく引き離し、もはや敵なしといった状況だ。この曲を含め、上位10位以内には、『アナと雪の女王』から4曲がランクインしており、映画の大ヒットの要因を支えたのは、やはり楽曲の成功だったといえるだろう。

そんな最強映画相手に健闘しているのは、1994年に映画公開されて以降、ミュージカルでも長年愛されている『ライオン・キング』。なかでもエルトン・ジョンが作曲した「愛を感じて」は多くの人の心をいまでも捉えて離さない名曲だ。エルトン自らもエンディングで歌っており、アカデミー賞やグラミー賞をはじめ、その年の賞を総なめにした。先日、『ライオン・キング』が実写映画化されることが発表され話題となったが、当然のことながら公開に合わせてストリーミング回数の上昇も予想されており、これからが楽しみなところだ。(後編へ続く…)

後編「世界で最も愛されているディズニー音楽1位〜17位」へ続く…