産経新聞前ソウル支局長の加藤達也氏

写真拡大

 韓国・朴槿恵大統領と“青瓦台(韓国大統領府)の女帝”と呼ばれた知人・崔順実(チェスンシル)氏(60)の蜜月は、韓国国内では「公然の秘密」だったが、それに触れることは決して許されなかった。韓国政界“最大のタブー”とされ、大統領自ら封じ込めていたからだ。

 だが動かぬ証拠とともについにブラックボックスの蓋は開かれた。明らかになったのは、朴氏と“女帝”のファミリーによって“先進国”を自任する韓国の国家運営が左右されていたという驚きの事実だった。

 2013年2月に韓国大統領となった朴氏には、就任当初から謎があった。若くして両親を亡くし、実の妹、弟とは絶縁状態。「血は水より濃い」とされ、血縁関係を重視する韓国社会において、家族と切り離された彼女はいつも孤独だった。青瓦台の職員や大臣とも積極的に交流せず、「不通大統領」と呼ばれた朴氏が心を許し、相談相手とするのは誰なのか──?

 この謎に最も近づいたのは一人の日本人だった。産経新聞前ソウル支局長の加藤達也氏である。

 死者・行方不明者304人を出したセウォル号沈没事件が発生した2014年4月16日の日中、朴氏は7時間もの間、音信不通となった。加藤氏はその際、彼女がある男性と密かに面会していた噂があると、その年の8月に産経新聞のウェブ版で報じ、その後ソウル中央地検に名誉毀損で起訴された。

 この時、加藤氏が報じた「ある男」こそ、今回の騒動の中心にいる崔氏の元夫・鄭允会(チョンユンフェ)氏(61)だった。加藤氏をよく知る在韓ジャーナリストが言う。

「起訴された加藤さんは、検察に『なぜ鄭允会のことを書いたのか』と尋ねられると同時に、『崔順実についてどこまで知っているのか』と執拗に聞かれたそうです。記事では崔順実についてほとんど触れていないにもかかわらず、です。起訴容疑は大統領への誹謗中傷でしたが、実は違った。この時、加藤さんは“起訴されたのは政権のタブーに触れてしまったからだ”と自分が虎の尾を踏んだことに勘づいた」

 加藤氏の記事は、朝鮮日報のコラムを間接的に紹介したものなのに、産経だけが起訴されたことで当時、日本憎さゆえの暴挙と見られていた。だが真相は韓国政界最大の恥部に、よりによって日本人が触れてしまったがゆえに起きた、「国策裁判」だったのではないか。

 朴氏と崔夫婦との蜜月は韓国マスコミにとって公然の秘密だったが、韓国のテレビ局が崔氏のパソコンファイルを独占入手・公表したことで“暗部”は白日のもとに晒された。そこには、夥しい数の閣議資料や演説草稿といった国家機密が収められており、人事、外交政策などに民間人が介入した一大スキャンダルに発展した。

※週刊ポスト2016年11月18日号