モラン・アティアス

写真拡大

(本記事は『24 -TWENTY FOUR-』過去シリーズとスピンオフ『24: Legacy』のネタばれを含みますのでご注意ください)

大人気ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』のスピンオフとして米FOXにて2017年2月より放送スタートとなる『24: Legacy(原題)』に、オリジナルシリーズのキャラクターであるトニー・アルメイダ(カルロス・バーナード)が登場することはすでにお伝えした通りだが、彼に絡むキャストが明らかになった。米Deadlineが報じている。

オリジナルシリーズの主人公ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)のCTUにおける頼れる相棒としてシーズン1からメインキャラクターの一人だったトニーは、シーズン5で殺されたと思われたが、シーズン7で悪役として復活、同シーズンの終わりに刑務所送りとなっていた。この度、『24』の世界に戻ってくる彼の相棒シドラ役として、『タイラント -独裁国家-』のモラン・アティアスが決定。トニーの魅力的な仕事仲間を演じるイスラエル出身のモランは、『タイラント』でレイラ・アルファイドを演じるほか、『crash クラッシュ』のイネス役などで知られる。

このスピンオフでは、これまでずっと物語を引っ張ってきたジャック・バウアーに代わり、若き軍人のエリック・カーター(『ウォーキング・デッド』のコーリー・ホーキンズ)と元CTU局長レベッカ・イングラム(『HOMELAND』のミランダ・オットー)の男女二人が主役を務める。10月25日に初披露された予告編がFacebookページにて公開後24時間で再生回数700万を突破するなど、すでに大きな注目を集めている『24: Legacy』は米FOXにて2017年2月より放送。(海外ドラマNAVI)