次世代テレビの普及をにらみ性能を強化

写真拡大

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、「PlayStation 4(PS4)」の上位モデル「PlayStation4 Pro CUH-7000シリーズ」を2016年11月10日に発売する。

CPU(プロセッサー)やGPU(グラフィックプロセッサー)などの性能強化を図り、PS4の全てのソフトウェアタイトルを4Kクオリティの画質、安定した高速なフレームレートなどによる高品質で楽しめる。

また、映像本来の明暗部の表現や、より広範囲な色幅の再現が可能な「HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)」に対応する。

4K解像度までのビデオを再生でき、「Netflix(ネットフリックス)」「YouTube」などの4K動画配信サービスの視聴が可能だ。

本体外観は、前後に傾斜をつけたフォルムを継承しつつ、PS4 Proのパワフルな性能を表現する3層のブロックで構成したソリッドなデザインを採用。カラーはジェット・ブラック。

USBポートを前面2つに加え背面に1つ設け、バーチャルリアリティシステム「PS4 VR」など周辺機器を接続する際の利便性を高めた。より多くのタイトルや追加コンテンツなどを楽しめるよう、容量1TBのHDD(ハード・ディスク・ドライブ)を標準搭載する。

価格は4万4980円。

また、現行モデル(CUH-1200シリーズ)から30%以上小型化したほか、四方の角に丸みを付けた新デザインの「PS4 CUH-2000シリーズ」を2016年9月15日に発売する。価格は、HDD 500GBモデルが2万9980円、同1TBモデルが3万4980円(価格は全て税別)。