松本茂・立教大学教授

写真拡大

■ディベートの権威でも英語はずっと苦手だった

【三宅義和・イーオン社長】今回は立教大学の松本茂先生をお迎えしました。先生はNHK「おとなの基礎英語」の講師としてもたいへん有名です。おそらく、テレビで先生のお姿を目にしたことがある方もたくさんいらっしゃると思います。街を歩いていると、「あっ、松本先生だ」と声をかけられることもしょっちゅうではないですか。

【松本茂・立教大学教授】多いですね。結構面白い体験もあります。例えば、成田空港で隊列を組んで歩いている警察官の中から1人飛び出してきて、「松本先生、握手してください」と言われたことがあります。あるいは、キャビンアテンダントさんがツーショットを撮らせてほしいとか、出国の際に出国審査官に「いつもテレビで拝見しています。いってらっしゃい」と声をかけられたこともあります(笑)。

【三宅】立教大学経営学部国際経営学科で教鞭をとられて、グローバル教育センター長も兼務されています。また、先生は英語ディベートの権威でもあります。さらに、文部科学省や中央教育審議会等の各種会議の委員も務めておられ、まさに八面六臂の活躍です。そんな先生の英語との出会いを教えてください。

【松本】小学校時代は英語を学ぶという機会もなかったですし、英語を使うということももちろんありませんでした。

【三宅】そうすると、中学校からということですね。どのような学び方をしていたのでしょう。

【松本】通っていた学校が東京教育大学(現在の筑波大学)の付属校だったこともあり、英語の授業はその時代としては画期的な「パターンプラクティス」というスタイルでした。具体的には、まず先生が絵を示します。そこにリンゴが描いてあったとしたら、先生が「I like apples.」と英語で言います。まずは、それを生徒は真似ます。次に、オレンジの絵が示されたら、生徒たちは、「I like oranges.」と発音し、「Not」と先生が言ったら「I don't like oranges.」というように、パターンに沿って英語を発話していく授業でした。

英語を分析的に教えるというような文法中心の授業ではありませんでした。もちろん、結果として文法に従ってはいますが、「I」は主語で、「like」は動詞だといった勉強ではなかった。授業は基本的に英語で進められました。ですから、ちゃんとした英語は発音できるのですが、意味がよくわかっていないこともありましたね。頭で考えずに、口は指示に沿ってレスポンスできるという感じです。自分のことは話せないけど、単語の置き換えは瞬時にできるようになりました。

【三宅】日本人の教諭でしたか。

【松本】はい、そうです。

【三宅】非常に珍しい。私が中学生の頃の英語の授業は、教科書中心。授業中に当てられた部分を読んで訳してと、もうそれだけでした。今のお話のように、繰り返して声に出す練習、瞬時に話す練習というのは素晴らしいですよね。

【松本】全国の中学校の中でもかなり進んだ指導をしている先生だったと思います。とはいえ、英語はずっと苦手でした。そこで、高校に入ったのを機に、リセットして勉強し直そうと考えました。まず、高校の教科書のレッスン1を予習しました。ところが、わからない単語を辞書で調べたら、レッスン1だけで60数個もありました(笑)。

■ディベートとの出会いがターニングポイント

【三宅】それはかなりレベルの高いテキストではなかったですか。

【松本】最近でもそうだと思うんですが、中3と高1の教科書のレベルには間違いなく大きなギャップがあります。英語のレベルが急に高くなる。確かにかなり難しい教科書だったと思います。でも、そんなにわからない単語があったら、何が書いてあるかは理解できない(笑)。入学早々にレッスン1で挫折して、中学時代から陸上競技部だったものですから、学校には走る練習だけのために通っていました。

【三宅】信じられません。しかし、そんな少年というか青年が、現在は英語を駆使して大活躍している。今、英語が苦手な中学生や高校生、そしてその保護者から見れば、すごい勇気を与えてくれる話ですよ。

【松本】勇気を与えられるかどうかは別にして、できない生徒の気持ちがわかるという意味では、教える立場になって考えると、それはメリットなのかなと思いますね。多くの英語教師は、他の教科より英語ができて、順風満帆で学業を終え教壇に立っているのではないでしょうか。私の場合は、英語そのものが好きというよりも、人と会話をするのが好きなのです。

【三宅】そうしますと、松本先生のターニングポイントはどこにあったのでしょうか。

【松本】実は、高校3年生の夏休みに大学生が英語で日米安保条約についてディベートするのをたまたま見る機会があって、それが私のターニングポイントになりました。ある種のカルチャーショックを受けたのです。というのは、「あぁ、英語というのはこうやって人と人が意見をやりとりするのに使えるんだ」と実感できたんです。しかも、自分と2つぐらいしか歳が違わない日本人の学生たちが、自分が知識すら持っていない分野について英語で議論している。

とにかく「Japan」とか簡単な単語しか聞き取れませんでした(笑)。けれども、真剣にディベートする彼らがとてもかっこよく見えて、「これをやりたい!」と痛烈に思いました。そこで、自分が大学でディベートができるようになるには、どういう力が必要か考えてみました。当時は自己紹介もろくにできない状態です。それなのに、英語で聞いて、すぐに英語で答えることを目指す。この場合、頭の中で訳している暇はないわけですよね。ですから、英語を英語で理解しなければなりません。そこで、とにかく英語に慣れようと、やさしい英文で書かれた物語やエッセイをたくさん読み、NHKの「ラジオ英会話」も聴きました。

【三宅】そここそがリセットでしたね。簡単な英文から入るというのはとても大切です。日本の英語学習では、やさしいものを馬鹿にしてしまって、なんか難しいものに手を出したがる傾向が強すぎるような気がするのですが。

【松本】そうですね。英語学習でつまずいてしまうのには、いくつかの理由があります。そのうちの1つが語彙レベルが高すぎる英文ばかりを読むということ。知らない単語が出てくる頻度が重要ですよね。それが少なければ、どんどん読み進んでいけます。だから、最初は1ページに見たこともない単語は、あっても1つぐらいのほうがいい。

もう1つ、内容に関する基本的な知識がないので、日本語の本のように速く読めない、ということもあります。そこで私は、最初の段階では内容を知っている童話などを英語で読みました。「イソップ物語」の英語版などです。これは結構読みました。そのときは基本的には音読しないで、黙読で、なるべく速く読むことを心がけました。するとある日、訳さないでも理解していることを実感できたのです。

■中学生レベルでもディベートはできます

【三宅】それはやさしいものから始められた効用ですね。

【松本】そうだと思います。読んでいると、なんか気になる単語とか表現ありますよね。繰り返し出てくるので、前後の文脈から、ある程度、意味の目星はついてきます。その頃から、英英辞典で調べるようになりました。それでも意味が曖昧なら英和辞典を使う。いずれにしても、英英辞典が先というようにしました。

【三宅】なるほど。1ページに見たことがない単語が1つぐらいで、内容を知っているものから読まれた。それを続けていくことで、英語で読み、そのまま理解することができるようになったということですね。

【松本】訳さないでわかるということを実感したことは大きな収穫でした。それからは、ちょっと背伸びして政治学とか経済学の本を英語で読んだりしました。その後ディベートをやり始めたので、『フォーブス』とか『ニューズウィーク』などの記事を自分のディベートのテーマに合わせて読みました。テーマについては事前に学習していますから、ある程度の知識があります。雑誌記事に何が書いてあるかもだいたい推測がつくので、時事問題の英語表現もわかるようになっていきました。記事の内容を訳さずに掴むことがすごく大事だなということを、そこでも実感しました。

【三宅】それではリスニングはどうやって鍛えられたんですか。やはり、ディベートの訓練の中で上達していったのでしょうか。

【松本】今はあまり行われない学習法ですが、英語を聞きながら、一語一句をそのまま書き取る「ディクテーション」をやりました。それから、先ほど言いました「ラジオ英会話」は、番組を録音して、1日20回ぐらいは聴き込みました。週の半ばの水曜日になったら月火水の3日分を全部聴きかえす。木曜日になったら月火水木というようにしていけば、そのぐらいの回数になります。そうしていると、1週間経つと、覚えようとしなくても覚えられているという状態になります。

【三宅】よく、日本人は和を尊ぶので、ディベートは合わないといった意見もあるようです。あるいは、高度な英語力がないと無理だと思う人も多いでしょう。先生の話をお聞きすると、英語学習としてディベートをやる意味合いは大きいですね。

【松本】例えば、中学生レベルでもディベートはできます。それほどむずかしくありません。立場を決めて、その立場に立って何か発言すればいいわけですから。そして、テーマから相手の主張を予測することもできるわけです。ディスカッションほど複雑ではない。ですから、私が代表著者を務めている中学校の検定教科書にもディベート活動を組み込んでいます。「給食と弁当はどちらがいいか」といったことを議論するのですが、生徒たちも非常に興味を持ち、英語を身近に感じるようです。

(三宅義和・イーオン社長 岡村繁雄=構成 澁谷高晴=撮影)