リア充ねらいのニンテンドースイッチは、ゲーマーにはまったく響かない?

写真拡大

 今年『ポケモンGO』で一大ブームを巻き起こした任天堂が、次世代ゲーム機を初公開した。

しかし、『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」の中で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏によると、評価は“微妙”だという。その理由とは…?

* * *

ひろ 任天堂が次世代ゲーム機「NINTENDO SWITCH(ニンテンドースイッチ)」を初公開(2017年3月発売予定)しましたけど、ゲーマーとしてはちょっとショックなんですよね。

ザックリ言うと「本体にディスプレイが搭載されている」「据え置き機としても携帯機としても遊べる」「コントローラーをつけ替えることで複数人でも遊べる」ってことなんですけど、いまいちパッとしないというか……。

ホリ 俺も見てみたけど、確かに微妙だったわ。イメージ的には、「コントローラー付きの大型スマホ」って感じだよね。でも、スマホではないからLINEとかのアプリを使うことはできない。

ひろ ゲームをしないライトな層は、きっと堀江さんと同じようなことを思ってるでしょうね。んで、景気もよくない時代にゲームにしか使えないものを買う人って多くないんじゃないかと。お金に余裕がない人は「ゲームよりもスマホとかタブレットを買おう」となるのが普通の流れですから。

ホリ スマホっていろんなことができる携帯型PCっていう存在だからね。

ひろ そんな状況なのに、ゲームしかできない端末で勝負を挑んでもなかなか勝てる気はしないですよね。ニンテンドースイッチがビックリするくらい安いならまだ可能性はありますけど、けっこう高いみたい(未発表)ですから。

ホリ だね。で、みんな同じことを感じたのか、発表後から任天堂の株価は暴落。ゲーマーだけじゃなくてマーケットも失望しているのがわかる。

ひろ 期待感や購買欲をなかなか持てないのは事実ですからね。それにゲーム機本体だけじゃなくて、プロモーションの仕方もイマイチだったと思うんですよ。PVを見ましたけど、オシャレな若者が端末を持ち歩いて外でプレイしたりしてる……。そんなのはゲーマーにはまったく響かないですよ。

ホリ だよな。ゲーマーにとっては、リア充はいけ好かない感じの存在だからね。それこそ、ネットでよくいわれてる「リア充爆死しろ」ってやつじゃんね(笑)。

ひろ 面白そうなゲームの映像を流せば少しはゲーマーに響いたかもしれないんですけどね。任天堂は06年に、一般向けにゲーム機「Wii」を販売して成功した経験があるので、それを踏まえたのかも。ただ、Wiiってスポーツゲームとかダイエットに使えるとか、リア充向けな上に今までなかったゲームを販売したことが功を奏したんですよ。

ホリ なるほどね。

ひろ でも、スイッチは持ち歩きができるとか、当たり前すぎて何がすごいのか全然わからない。ってなると「これならスマホでいいじゃん」となってしまう。まあ、今はやりの『ポケモン』でもPVの中に出ていれば、まだ期待感は煽(あお)れたと思うんですが、それすらもなかった。だから、株価的には『ポケモンGO』のブームが去るまでは発表しないほうがマシだったかもしれませんね。

ホリ まあ、今回のスイッチではいまいちな印象のある任天堂だけど、実は先進的なこともたくさんやってきているんだよね。今ってスマホに加速度センサーが搭載されているのは当たり前だけど、これはスマホよりもWiiのほうが先に搭載していた。

ひろ そうなんですよ。そういった初めての体験ができるなら、ゲーマー的には値段が高くても気にしないんですよね。でも、何度も言いますけど、今回ってただのスマホという印象しかない。

ホリ だから、それならもっとスマホに寄ればよかったんだよ。SIMカードを入れることができて、LINEとかもできるようにする。そんでコントローラーを取れば普通のスマホになる感じ。「ディズニー・モバイル」のスマホは専用ゲームがあったりして一定の成功をみてるんだけど、それみたいに人気のゲーム『スプラトゥーン』(Wii U専用アクションゲーム)が唯一遊べるスマホにするとかね。

ひろ あと、超高級スマホって路線はありですよね。ゲーマー用のPCとかって高額ですから。

ホリ うん。最新のチップを積んで、最新のゲームソフトがそろっていれば、うまくやれば世界で1億台とかは売れると思うよ。

ひろ ですね。

ホリ ゲーム専用機ってのはマーケットに限界あるから、売り方をうまくやらないといけないよね。……って、ずっと厳しめに言ってきたけど、任天堂がダメダメになるわけではないよね。

ひろ ええ。3DSは世界中で売れましたし、そのハードでしかできない面白いゲームがあれば、ハードを持ってるメーカーは強いですからね。

ホリ まあ、任天堂はスイッチで数千億円を堅実に儲けられれば御の字、みたいに思ってるんじゃないの? 実際、ゲーム機としてはそれなりに売れるだろうから。

だから「任天堂はアップルみたいになるつもりがない」ってことなんでしょ。イノベーションをガンガン起こして、端末をめちゃめちゃ売るみたいなことはしないっていうこと。でも、本当はそのチャンスが任天堂にはあるんだけどね。

ひろ ですよね。そうやって考えると本当にもったいないです。任天堂にはもっとがんばってほしいですから。

■この連載が単行本になりました! これまでのトークのなかから厳選された50のテーマを収録。

『ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね〜常識を疑えば未来が開ける〜』好評発売中! 集英社/1200円+税



●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)

1972年10月29日生まれ、福岡県出身。旧ライブドア社長。SNS株式会社オーナー兼従業員。『本音で生きる』(SB新書)が好評発売中

●西村博之(にしむら・ひろゆき)

1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著は『ソーシャルメディア絶対安全マニュアル』(インプレスジャパン)

(構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル)