4日、中国浙江省湖州市のワニ養殖場でこのほど、体長2メートル近いワニが脱走し近くの養魚池に逃げ込む騒ぎがあった。

写真拡大

2016年11月4日、中国浙江省湖州市のワニ養殖場でこのほど、体長2メートル近いワニが脱走し近くの養魚池に逃げ込む騒ぎがあった。要請を受けて出動した特殊警察官2名がワニが水面に顔を出すのを待ち続け、3日後にようやく70メートル離れた場所から狙撃。弾丸はワニの頭部に命中し、ワニは即死した。澎湃新聞網が伝えた。

【その他の写真】

養魚池にはナマズ目に属するコウライギギなど数万匹がいるため、水を全て抜いた場合には数十万元の損失が出ることから、特殊警察に狙撃を要請することになったという。(翻訳・編集/柳川)