残念ながら降板…リック・ファムイーワ監督
 - Joe Scarnici / Getty Images for Humanitas Priz

写真拡大

 映画『DOPE/ドープ!!』で注目されたリック・ファムイーワが、DCコミックス「ザ・フラッシュ」の実写映画版の監督を降板したと The Hollywood Reporter が報じた。

 当初、『LEGO(R)ムービー』のフィル・ロードとクリストファー・ミラーが執筆したトリートメント(物語の概要を記したもの)を、『ダーク・シャドウ』の脚本家セス・グレアム=スミスが改稿し、米ワーナー・ブラザースのもとでメガホンも取る予定だった。しかし、グレアム=スミスは創造性の違いを理由に降板。その後、サンダンス映画祭で注目を浴びたファムイーワが抜てきされたが、彼もまた同じ理由で今回降板してしまった。

 主演は、『少年は残酷な弓を射る』などのエズラ・ミラーが務める予定。ある日実験室で雷に打たれ、薬品を浴びたことで超高速で走る能力を得た主人公バリー・アレンが、クライムファイター“フラッシュ”として犯罪や悪人を退治するというストーリー。

 撮影開始は来年の3月といわれており、全米公開は2018年3月16日を予定していたが、この降板で製作が遅れるかもしれない。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)