カシマで代表デビューなるか! 抱負語る植田「試合に出たい。先に進みたい」

写真拡大

 日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2016と2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選に向けて、鹿嶋市内で合宿を開始した。

 DF植田直通は、所属する鹿島アントラーズのクラブハウスグラウンドでの代表チームのトレーニングについて「なんか違和感はあります。いつもここでやっている分、自分にはやりやすさっていうものはあると思うので、良い準備ができると思うので、しっかりと試合に向けて頑張っていきたいと思います」と抱負を語っている。

「合宿を通じて得たいものは?」との問いには「得たいものというか、試合には必ず出たいとは思います。選ばれる“だけ”はもういいと思うので。これからは試合に出て、しっかりとこれから先に進みたいと思います」と、国際Aマッチ初出場へ意欲を示した。

 日本代表は11日のキリンチャレンジカップ 2016でオマーン代表と対戦。鹿島の本拠地であるカシマスタジアムでの一戦に臨む。植田は「いつもやっているカシマスタジアムで試合があるということで、たくさんの鹿島ファンの方も来てくれるだろうし、その方たちの前で、ユニフォームは(いつもとは)違うけど、代表としての姿を見せられるようにしっかり頑張っていきたいと思います」と、出場への強い思いを明かしている。

 そして15日には、W杯アジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦。3ポイント差でグループBの首位に立つ相手との大一番に臨む。植田は「まだそんなに話はしていないですけど、みんなが集まったらどんどん緊張感も出てくるだろうし、もう1つも落とせない状況なので、チーム一丸となって戦いたいと思います」と意気込みを語った。