初招集の井手口(左)は練習でも生き生きとプレー。先輩の槙野(右)も大きな期待を寄せているはずだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 11月6日、キリンチャレンジカップのオマーン戦と、アジア最終予選のサウジアラビア戦に挑む日本代表が鹿嶋市内でトレーニングを行なった。
 
 メンバーの中には、今回初招集となった井手口陽介がいるが、ムードメーカーとしても貴重な存在である槙野智章は、注目のニューカマーが早くチームに溶け込めるように、ひと肌脱いでいるのだろうか?
 
「僕も初めて代表に呼ばれた時は、赤いモヒカンで“がっつり”と来ましたし。彼なんか見ても、ジェルで“がっちり”固めていますよね。そういうところからすると、なんの緊張もなく、物怖じせず、入れていると思います。ガンバでのプレーを見ても堂々としている。面白いんじゃないですか。(挨拶とかも)しっかりしていますよ。イイ男です」
 
 ミニゲーム形式の練習では、生き生きとプレーする井手口の姿があった。リオ五輪にも出場した若きボランチに、先輩の槙野も期待しているようだ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】オマーン戦、サウジアラビア戦に向けたメンバー25人