久々の招集となった小林。香川や清武とのトップ下を巡るポジション争いで存在感を示すことができるか。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 11月6日、キリンチャレンジカップのオマーン戦と、アジア最終予選のサウジアラビア戦に挑む日本代表が鹿嶋市内でトレーニングを行なった。
 
 6月のキリンカップ以来の招集となった小林祐希は、この日は軽いランニングのみのメニューで汗を流した。トップ下候補として期待されるレフティは、香川真司や清武弘嗣とのポジション争いについてどう考えているのか。
 
「あのふたりからポジションを奪うのは、相当に難しいことだっていうのは分かっている。でも、楽しみなミッション」
 
 自らのセールスポイントに関しては、次のように語る。
 
「勝負強さとか、ゴール前での思い切りの良さ。あと、こうじゃないなと思った時に、自分の判断でプレーを変えようとする意欲。違うことに取り組む勇気を、俺は持っている。そういうのを、怒られない程度に出していきたい」
 
 トップ下の序列は、現状は三番手だ。しかし、香川や清武よりも所属クラブで実戦を詰めている。コンディションの良さ、メンタルの充実ぶりは、時折こぼれる笑顔からも伝わってくる。
 
 オランダでさらに自信を深めているのは間違いない。満を持して戻ってきた代表の舞台で、成長した姿と、チームを勝利に導く活躍を見せてほしい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【日本代表PHOTO】オマーン戦、サウジアラビア戦に向けたメンバー25人