日本・韓国旅行が人気  台北旅行フェアに過去最高の入場者/台湾

写真拡大

(台北 6日 中央社)台湾最大規模の旅行見本市、「2016台北国際旅行フェア」(台北国際旅展)が台北市内で開催されている。2日目となった5日は好天に恵まれ、1日あたりの入場者数が過去最高の10万5664人に達し、盛況となった。

大手旅行代理店の雄獅旅遊によると、この日人気の海外旅行先は日本、韓国、ヨーロッパ。スペイン11日間の旅には30人分の申し込みがあったという。また、可楽旅遊もこの日の売上は昨年の2日目より2〜3割増えるだろうとしている。

同フェアには世界60カ国・地域の旅行業者や団体が参加。1450ブースが出展し、主催の台湾観光協会では7日までの成約額を30億台湾元(約98億2600万円)と見込んでいる。

(余暁涵/編集:齊藤啓介)