シーズン報告会の際、デモフライトの終了後に単独でお話を聞く機会がありましたので、室屋選手に気になる点をお伺いしました。

1

 

──  千葉戦の当日に、スーパーGTのSARDチームとの提携で改良したホイルパンツ(スパッツ)を装着することで0.1~0.2秒タイムアップしたと伺いました。その後の決勝で0.1秒差でファイナル4に優勝。正に提携効果があった訳ですが、その後も提携によるパーツ投入は行われているのでしょうか。

千葉戦の後にも改良されたパーツは見える所そうでない所を含めてほぼ毎レース投入されています。アスコットとラスベガスはコースレイアウトが昨年と同じだったのですが、アスコットでは2秒のタイムアップをしています。機体はどんどん進化していて、シーズン中だけでなくシーズンオフも開発競争は続いています。昨年終盤の懸案であった、勝ち進むにつれてのエンジンや補機類のオーバーヒートも発生しなくなりました。

──  結局、今シーズン中にウイングレットは装着が許可されませんでした。そんな中、シリーズ最終戦で予選トップタイムを叩き出していますが、装着は諦めたのですか?

予選ではタイムを出せていますが、余裕を保った状態での勝利という状態には辿り着けて居ません。他の選手のように小さなウイングレットを付ける事も可能ですが、それではあまり面白くない(開発中に一度認可されたが、担当者の交代後に不認可となった経緯があるため)。

若干根比べのようですが、小さなウイングレット装着を改めて開発するより、既に時間もコストもかけた申請中のウイングレットを装着できるように働きかけていきます。

──  TVで観戦する際、計時やライバル機のゴースト表示が無いと速さを比べる事が難しいです。選手やチームスタッフは中継のどこを見て、速さを判断しているのでしょうか。

ハンガーでも中継(TV放送)と同じ映像を見ています。飛行機に乗っているから多少余計に判るという所はありますが、パイロンを含めた対象となる物が無いとわかりづらいのは我々も同じです。

パイロンなどが映っている時は、バルーン(パイロン・ゲート)に対して飛行機の進入してくる角度を気にしてみると次のパイロン・ゲートへのつながりで速い・遅いの差がわかりやすくなります。

映像的には尾翼につけられたカメラのライブ画像が一番判りやすいです。選手的には「コックピット内の映像はどうでもいいから、尾翼カメラのライブ映像を映して〜!」…って感じです(笑

シーズン終了報告会は盛況のうちに終了しましたが、11月の室屋選手は毎週末エアショーに出演し、年内はイベントやインストアイベントでのトークショーが予定されているそうです。室屋選手から直接話を聞く機会は、公式ホームページやフェイスブックなどで随時発表されるそうですので、要チェックです。

(川崎BASE)

【関連記事】

来年は頂点を目指す。ゆくゆくは宇宙へも!? ── レッドブル・エアレース 室屋選手シーズン報告会
http://clicccar.com/2016/10/31/412666/

「エアレース中継観戦のポイントは?」室屋選手にエアレースの気になる点をインタビュー(http://clicccar.com/2016/11/06/412705/)