学校のクラス全員で集合写真を撮ると、生徒の1人や2人は目をつぶっていたり、よそ見をしていたりするものです。

それが犬30匹だったなら……とても無理だと思うところですが、実現させた人がいました。

写真をご覧ください。

 

30 dogs posing and looking at the camera.


わお!

これは圧巻!!

全員が行儀よくおすわりし、視線をこちらに向けています。こんな集合写真は人間の子供どころか、大人だって簡単ではありません。

大きさも性格も違う犬で、しかもこんなせまいところで成功させるとは、見事としか言いようがありませんね。

海外掲示板でも感心の声が上がっていました。

●もし自分がそこにいたら、その前に寝転がって、いったい何が起こるかを見たい。

↑自分の後ろの壁をノックして「……! 誰が来たのかな!?」

●「おい、ルーシー! もう、そんな顔をして……。全員をそろえるのに20分もかかったんだぞ。だが面白い顔に笑えた。ゆかいなルーシー、最高だぜ」
[画像を見る]

↑「もし、撮影に時間が掛かるなら……待ってるよ…」

↑「いったいこれは……僕らはちょっと楽しみたいだけなんだ…」

↑33匹いるぞ。

↑自分は34匹だと思うんだが、スマホの画面では彼らを数えるのは大変だ。

●うちの1匹の犬を、ちゃんとポーズさせるのさえ苦労してる……。

↑レクチャー。
1)犬のそばに立つ。
2)犬にフォーカスを当てる。
3)シャッターを押す準備。
4)「散歩に行くかい?」と言う。
5)写真を撮るチャンスが2秒できる。
6)写真を撮る。
7)2秒が過ぎる。散歩の時間。

●これを30匹の猫でやってみてほしい。

↑猫の場合。
[画像を見る]


これだけの数がそろうと壮観ですね。

猫もかなり頑張っていますが、さすがに全員をこちらに向かせるのは至難の業のようです。

【「30匹の犬たち全員がカメラを向いた集合写真を撮りたい…」→実現してる!】を全て見る