前編からの続きです→

森谷まりんと愛犬ティティが「フィアット 500C」で向かったのは、神奈川県は三浦半島にある海辺の町「葉山」とその周辺。ソフィスティケートされた大人のリゾートであり、マリンスポーツのメッカでもある美しい街です。

■緑あふれるドッグラン「南郷上ノ山公園」

1

最初に訪ねたのは緑深い「南郷上ノ山公園」。
観光地ではないが、大きな芝生の広場や運動場があり、地元の人たちの憩いの場となっているスポットです。

【南郷上ノ山公園】
http://www.town.hayama.lg.jp/tanoshimu/shisetsu/nango.html

公園内にある「葉山町ドッグヤード」は、愛犬家グループの署名運動により設置されたドッグランです。

一般的なドッグランとは違い、登録を申請し、受理された利用者のみが利用できる施設で、利用者は単にサービスを受けるのではなく、自らが施設の運営・管理者としても活躍します。まさに地元の人々が育てるドッグランです。

「ティティは登録していないから使えないけれど、素敵な活動だねえ」

ドッグヤード利用には登録が必要ですが、公園内を散歩なら誰でもリードをつけて楽しむことができます。

■秋谷・立石海岸へ!

ぽむぽむと楽しい2気筒エンジンのFiat 500Cを走らせて、まりんとティティは葉山町のおとなり、横須賀市にある「秋谷・立石海岸」に向かいました。

こちらは無料の「県営立石駐車場」が隣接しているので、ドライブがてらに立ち寄るには絶好のスポットです。

【横須賀観光情報 ここはヨコスカ(秋谷・立石海岸)】→https://www.cocoyoko.net/spot/akiya-beach.html

周辺のスポットと比べて静かで落ち着いた浜で、海水浴シーズンを過ぎても、ゆっくりとした海辺の時間を楽しむ人の姿がちらほら。

「あれ、あの素敵な建物は何かな?」

県営立石駐車場すぐそばに佇む、南欧風の建物は……

■ここはモナコ⁉︎ レストランDON 秋谷店

ここは「レストランDon  秋谷店」。海岸に向けせり出すように佇む瀟洒なレストランです。テラス席は犬連れOKで、1人と1匹はお大喜び!

「なんだかお腹が減ったから、お散歩より先にお昼にしちゃおう!」

眼前には雄大な相模灘の風景。キラキラ光る初秋の日差しが差し込むテラスは、まるでコートダジュールのカフェのようです。

「ティティ! ウィンドサーフィンやスタンドアップパドルをしてる人たちも見えるよ!」

レストランDonでは、この美しい風景を眺めながら、地元食材を活かしたお料理を楽しむことができます。本格コースや、こだわりの一品料理とともに、ゆったりとワインを楽しむ方の姿も。

ランチタイムには、ピザやパスタをメインにした気軽なセットも用意されています。

「潮風に吹かれながら食べると、余計においしい!」

パスタランチ(サラダ・ガーリックトースト・デザート・コーヒーor紅茶付き)
1580円(税抜き)

【レストランDon 秋谷店】
→http://www.don-akiya.com/

■海水浴シーズンを過ぎても、海には楽しみがたくさん!

「お腹がいっぱいになったところで、磯遊びしよう!」

真昼の眩しい日差しを受けて、まりんとティティは海岸を散歩します。

「カニ、いるかな?」磯には動くものがたくさん。ティティの視線が楽しそうに動き回ります。

立石海岸の名前に冠されている『立石』は、巨大な奇岩の名前です。この海岸からは天候に恵まれれば、富士山を背景とした立石の威容を眺めることができます。

南欧のようなの瀟洒な雰囲気と、浮世絵のような日本の美しさ、どちらも楽しめるのも葉山周辺の魅力です。

「この海岸はサンセットも素敵なんだって! また一緒に来たいね」

■三浦半島は山も素敵!

次に向かったのは湘南国際村。三浦半島のほぼ中央、小高い山の上に位置する国際交流拠点です。

眼下に相模湾をのぞむ美しい景観の中には、数々の研究施設や研修施設が点在しています。個人向け宿泊プランや、一般客も利用できるレストランもあり、緑に囲まれての穏やかなステイを楽しむこともできます。

【湘南国際村】
→http://www.shonan-village.co.jp/

こちらの写真の広場では、犬の保護活動に取り組む団体「KDP」による保護犬の譲渡会も定期的に行われており、多くの犬たちと飼い主が新しい出会いを見つけています。
(写真は、株式会社オオバさまご協力のもと特別な許可をいただき撮影しております)

「1頭でも多くのワンちゃんに幸せになってほしいね」

■森戸海岸で過ぎた夏を惜しむ

秋谷・立石海岸から逗子方面へ500Cを走らせて、立ち寄ったのは森戸海岸。葉山で一番広い砂浜を持ち、葉山の総鎮守である森戸大明神の祭られている場所でもあります。

神社から夕暮れ迫る海辺へ通じる「みそぎ橋」を渡る2人。

近くには名島の鳥居や裕次郎灯台などの名所も多く、年代を問わず人気のあるスポットです。

【葉山町HP】
→http://www.town.hayama.lg.jp/tanoshimu/kankou/sea.html

■サンセットは500Cのルーフから

いよいよ小旅行も終わりが近づき、2人はクルマを止めて夕日が落ちるのを見守ります。
こんなとき、500Cの気軽に開閉できるキャンバストップが嬉しい。

「ティティと私の特等席だね!」

2016年、眩しい思い出を残しあっという間に通り過ぎた夏。秋の訪れを感じさせる夕暮れの風の中に、そっと身を寄せるまりんとティティの姿がありました。

「ティティ、500C、ありがとう! 夏が終わっても、またドライブを楽しもうね」

(文:くぼきひろこ/モデル:森谷まりん/ヘア&メイク:中田愛美/写真:ダン・アオキ)

2016夏の思い出「美女と愛犬」Fiat 500Cで葉山へ!【森谷まりん×愛犬ティティ】(http://clicccar.com/2016/11/06/410797/)