写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業の米国現地法人、アメリカン・ホンダモーターは米国・ラスベガスで開催された「2016 SEMAトレードショー」にて、9月にパリモーターショーで初披露した「シビック TYPE R」プロトタイプモデルなどを公開した。

「シビック TYPE R」は、10代目「シビック」シリーズのセダン・クーペ・ハッチバックとともに開発され、これらのグローバルモデルと共通のプラットフォームを使用した、2017年後半に欧州で発売予定の新型車。現行「シビック TYPE R」の特徴であるロー&ワイドなスタイリングをベースに、アグレッシブで精悍さが際立つデザインを実現している。

ホンダブースでは、純正カスタマイズブランドであるHFP(Honda Factory Performance)製のアクセサリーを装着した「シビック ハッチバック」のコンセプトモデルをはじめ、10代目「シビック」シリーズの各モデルをベースにさまざまなチューニングやカスタマイズを施した車両を出展。2016年にフルモデルチェンジを行ったピックアップトラック「リッジライン」に、荷台の積載エリアを拡張できるベッドエクステンダーやスポーツグリルなどさまざまな純正アクセサリー用品を装着し、多用途性や外観の魅力をより引き出した車両も展示している。

アキュラブースでは、2017年に北米レースでデビュー予定の「NSX」GT3レースカーを出展。レースの世界観で統一させたラッピングを施したラグジュアリーSUV「MDX」と、「NSX」のイメージをモチーフにしたオリジナル製作のトレーラーと共に展示している。

(木下健児)