『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』

写真拡大

全米視聴率ランキングのトップ10(ニールセン調べ)が発表された。順位は以下の通り。

1.『FOX WORLD SERIES GAME 5』(FOX)
2.『FOX WORLD SERIES GAME 1』(FOX)
3.『FOX WORLD SERIES GAME 3』(FOX)
4.『NBC SUNDAY NIGHT FOOTBALL』(NBC)
5.『FOX WORLD SERIES GAME 2』(FOX)
6.『FOX WORLD SERIES GM5-PRE』(FOX)
7.『FOX WORLD SERIES GAME 4』(FOX)
8.『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』(CBS)
9.『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』(CBS)
10.『THE OT』(FOX)

今回発表されたのは、10月24日(月)の週。前週トップに立ったのはNBCのアメフト番組だったが、この週は25日から始まったメジャーリーグベースボール(MLB)のワールドシリーズ関連が上位を独占。同週行われた5試合ともランキングに入り、レーティング(9.3〜13.1)、視聴者数(1671万〜2364万)ともに飛び抜けて高い数字を記録した。

その影響で、普段はトップを争う『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』は、いつもとほぼ変わらぬ数字を残しながらもまさかの9位。同作とレーディングは同じながら(8.7)、視聴者数でわずかに上回った(1431万:1408万)のは、4人のオタクが主人公の人気コメディ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』で、ドラマとしては最も高い位置(8位)につけている。(海外ドラマNAVI)