photo by Mybloodtypeiscoffee CC BY-SA 3.0

写真拡大

 10月25日、日本にも待望の「Apple Pay」が開始された。

 Apple Payとは、クレジットカードiPhone上に登録し、支払いをiPhone上から行える新しい決済方法だ。日本では各種クレジットカードのほか、JR東日本が提供する共通乗車カード・電子マネー「Suica」にも対応。Quick PayやiDでの支払いにも対応する。

 iPhoneへの登録は、カードを撮影するだけ。使用の際にはTouch IDを利用して、指紋認証をしながらiPhoneをリーダーにかざすだけでOKと、使い方が簡単なのが特徴。また、Suicaを利用する場合にはTouch IDによる指紋認証も不要と、さらに簡便だ。

 しかし、まだサービスが始まったばかりということもあり、特にSuica関連のトラブルが多く見受けられた。「Suicaの登録ができない」「クレジットカードが本人名義ではないと言われてしまう」「オートチャージの設定ができない」などなど。

 これらはほとんどが一時的なもので、Suicaのサーバーがダウンしてしまっていたり、アクセス過多で処理が追いついてないということが原因。現在は落ち着いている様子だ。現時点では、クレジットカードの不正利用やハッキングなどといった事件も起こっていない。

 なお、欧米では2014年からApple Payは利用されているが、いくつか不正利用などの事件が発生している。それらを紹介しよう。

◆他人のクレジットカードを登録する

 アメリカでは、’14年当時、クレジットカードのなりすましが横行した。方法は簡単。自分のApple Payに他人のクレジットカードを登録し、買い物をするだけ。非常にシンプルだ。

 これは、アメリカのクレジットカードの認証システムの問題が大きい。アメリカのクレジットカード会社のいくつかは、クレジットカード番号の本人確認を「社会保障番号」で行うところがある。アメリカでは、たびたび社会保障番号が大量流出する事件が起きているため、クレジットカード番号と揃えば、簡単になりすましができてしまうのだ。

 これは、Apple Payの問題ではなく、カード会社の認証方法の問題といえる(:参照)

 日本ではどうだろうか。Apple Payにクレジットカードとを登録する方法は簡単だ。クレジットカードの表面をiPhoneで撮影し、セキュリティコードを入力。その後、クレジットカード会社に登録された携帯電話番号にSMSで認証コードが送信されるので、それを入力する。

 仮に、クレジットカードを落としてしまっても、認証コードがSMSで受け取れないため、他人がApple Payに登録することはほぼ不可能。

 日本においては、このような事件はあまり起こらないのではないだろうか。

◆一部のカードで二重請求が発生

 Apple Payが開始された直後、アメリカの一部のユーザーで二重にチャージされる、いわゆる二重請求の報告があった。

 二重請求が起こったのは「バンク・オブ・アメリカ」のデビットカード。これをApple Payに登録して利用した場合に、二重に請求されてしまうことが起きた。これはバンク・オブ・アメリカ側の問題。もちろん、バンク・オブ・アメリカは速やかに二重請求分の料金は返金。最終的には1000件ほどの二重請求があったということ。

 こちらも、Apple Payの問題ではなく、バンク・オブ・アメリカ側の問題。現在ではこのようなことはないようだ(:参照)。

◆日本では今のところ大きなトラブルはなし

 Apple Payが始まった日本では、それほど大きなトラブルの報告はない。せいぜい、登録したSuicaが一部店舗で使えないといったくらいだ。

 筆者もApple Payを利用してSuicaで電車に乗ったり買い物をしたりしているが、駅内の自動販売機で買い物ができない、一部のスーパーでSuicaが認識されないといったことくらいで、あまり大きなトラブルには見舞われていない。

 登録が簡単で、気軽に使えるApple Pay。その上大きなトラブルもなし。今後はApple Payでキャッシュレスな生活に拍車がかかりそうだ。

<文/三浦一紀 Twitter:@KazMiu>

【三浦一紀】
ジャンル関係なくなんでも書きます系雑文ライター。どっちかというとインドア寄り。GIZMODO JAPANでも原稿書いてます。