経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は結婚会見を開いた“野獣”こと、柔道の松本薫選手に注目。

 * * *
 リオ五輪柔道女子57キロ級銅メダリストの松本薫選手が、幸せいっぱいの笑顔を見せて結婚会見を開いた。8年間交際してきたという彼は和食の料理人。鼻が高く鳥に似ていると自筆の似顔絵を、はにかみながら披露した。

 さわやかで気が優しく、芯が強いという彼は、松本選手が“野獣”と言われていることに対して「納得している」という。ロンドン五輪の時につけられた野獣の愛称は、あっという間に定着したけれど、本人は反発し、一時は「もののけ姫」と呼んでほしいと主張したこともあったらしい。

「子供ができたらママでも野獣。できなければ妻でも野獣」と東京五輪を目指す覚悟を、野獣という言葉で表現した松本選手。彼女にとって、野獣は柔道家としての姿なのだろう。

 手を後ろに回し、何度も軽く頭を下げながら、歩幅も狭く、ゆっくりと会見場に入ってきた松本選手。普段も決して女性らしい立ち居振る舞いとは言えないが、柔道の時とは、醸し出す雰囲気だけでなく、手の振り方や歩き方からして明らかに違う。

 試合に向かっている時は、猪突猛進、戦闘モード。頭から突っ込んでいくようにおでこを前に突き出し、にらみを利かせながら、両手を大きく振り、歩幅も広く足を投げ出すように歩く。

 戦闘モードでは表情も違う。眼光が鋭い上に、眉間に緊張感が表れているのだ。眉根を寄せているわけではないが、目に力が入っている分、眉間だけでなく、目と眉の間がわずかに狭くなっているように見える。これが松本選手の目付きにさらに凄みを与え、野獣という印象を強めているのだろう。

 結婚会見でマイクを手にした松本選手の顔は、目と眉の間が広がり、眉間にも緊張感はない。記者からの質問に答えながら、時折、鼻の頭や鼻の下をスッと指で触るのは、照れている証拠。何らかの感情が動き「質問にどう答えたらいいのだろう?」と一瞬、戸惑った時は、気持ちを落ち着かせようとするのか、前髪に触る仕草も見られる。

 明るく屈託なく開けっぴろげに笑う顔も、照れながら頬を持ち上げ、白い歯を見せて笑う顔も、なんとも自然でかわいらしい。ちょっと不思議な発言もはにかんだような笑顔で言われると、なんだか憎めない。これが柔道や試合の話しになった途端、笑顔が消え、真剣な表情を見せる。そんなギャップが、彼女の魅力でもある。

 試合の1か月前になったら「女を捨てる」と、過去のインタビューで答えている松本選手は、試合に向けて自分を追い込み野獣化する。

 会見でも「試合前は30センチ隙間をあけて触れない」と彼との暗黙のルールを、膝の横に手を伸ばし空間を作って示した。この身体の周囲30センチは、松本選手の「密接距離」。

 これはパーソナルスペースという自分の周囲の心理的テリトリーのこと。アメリカの文化人類学者、エドワード・ホールが示したもので、相手との関係によって、どこまで自分に近づくことを許せるかという距離感のことだ。

 4つに分類され、密接距離は身体に容易に触れることができ、恋人や家族など親しい関係が入れる距離のこと。それより広く、手を伸ばせば届く程度で、友人等との関係で取られるのが個体距離。そして、仕事仲間などや知らない人とやりとりする時に取られる社会距離、そして講演会などで取られる公共距離がある。

 密接距離は松本選手の心理的テリトリーだから、試合前、それを侵す相手は誰であろうと倒すべき敵になる。侵入者があれば、即座に身体が反応し戦闘モードに突入するのだろう。

 リオの時も3か月前から一切触れなかったと、真顔で話していた。寝ている間に迂闊に触れでもしたら、反射的にグイと掴まれ、ドサッと投げられる恐れがあるのかも…(笑い)。

 普段は「キツネ」に自分を例え、柔道の時はバケるという。負けまいと闘争心を高め試合の準備をするのは、俳優が役になりきり、身体をも変化させていくという感覚に近いのかもしれない。

 そんな松本選手のことをよく理解している彼の存在が発覚したのは、9月。地元金沢のラジオ番組で彼氏がいると告白した時。続いて、TBSのTV番組『ジョブチェーン』で彼氏の存在を聞かれ、「います」と何の迷いもなく即答。4月にプロポーズされていたというから、即答するのも当然のことだ。

 …と、書いていて思い出した。そういえば、彼の存在をほんのり匂わせたことがあるのだ。あれは、リオ五輪の銅メダル獲得後のインタビューでのこと。

「今、したいことは?」と聞かれ、「温泉に行きたい」と答えた松本選手。実は彼女、温泉好きで一人でも温泉に行くという。アナウンサーが続けて「ご家族で?」と聞いた。すると一瞬、間があいて、松本選手は視線を上に向けた。

 あれっ? 誰かを思い出しているのかも?と思ったのだが、まさかこの時は、そんな相手がいるとは想像もせず。

 視線を前に戻しながら、「そうですね、家族でもいいし、(一人)ぼっちでも」と笑ったのを見て、なんとなく仕草と返答に違和感が。家族や自分だけなら、上を見なくてもよかったのに。

 と思ったものの、誰か友達の顔でも浮かんだのだろうと当時はスルーしてしまっていた。今にして思えば、あの時きっと、パッと脳裏に浮かび上がったのは、彼の顔だったのではないだろうか。

 さて、こういう会見に付きものの「旦那さんが浮気したら?」という質問には、持っていたマイクがほんのわずか、クッと持ち上がった。こういう質問が出るとはわかっていながら、やはり「浮気」と言う言葉を耳にして、マイナス感情から無意識のうちに手に力が入ったのだろう。

 だけど、そんな感情を「離婚です」と即答で打ち消した。「結婚は覚悟」と話した松本選手らしいきっぱりとした物言いだった。

 1年間は休養するという松本選手。東京五輪では、さらにパワーアップした「野獣妻」の姿を、ぜひとも見てみたい。