谷原、連覇を達成し今季3勝目(撮影:標英俊)

写真拡大

<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 最終日◇6日◇総武CC 総武コース(7,214ヤード・パー70)>
 国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」の最終日。首位タイから出た昨年覇者の谷原秀人は前半を単独首位で折り返すが、後半に伸ばせず池田勇太と並びトータル12アンダーでホールアウト。勝負はプレーオフに持ち込まれた。
男子ツアーの熱戦を特選フォトでプレーバック!
  18番の繰り返しで行われたプレーオフ1ホール目は両者パー。2ホール目で谷原がバーディを奪い、勝負あり。谷原が大会連覇で今季3勝目、ツアー通算14勝目を挙げた。
 トータル9アンダー3位に稲森佑貴、トータル7アンダー4位に片岡大育入った。
【最終結果】
優勝:谷原秀人(-12)
2位:池田勇太(-12)
3位:稲森佑貴(-9)
4位:片岡大育(-7)
5位:パク・サンヒョン(-6)
6位T:大堀裕次郎(-5)
6位T:H・W・リュー(-5)
<ゴルフ情報ALBA.Net>