四川省成都市の市民・堯さんのコレクションに「咸豊十年」と書かれた英語の教材があり、中を見ると「tomorrow i give you answer」や「to do with my friend」といった英語の文の下に、漢字で発音が示されている。

写真拡大

四川省成都市の市民・堯さんのコレクションに「咸豊十年」と書かれた英語の教科書があり、中を見ると「tomorrow i give you answer」や「to do with my friend」といった英語の文の下に、漢字で発音が記されている。 成都商報が報じた。

四川西部文献修復センターの専門家によると、この教科書の印刷や字体、内容からして、「本物」であり、清(1644−1912年)後期のものと推測される。ただ、同専門家は実物を見ていないため、具体的な年代は分からないとしている。

この教科書では、英語の発音が漢字で記されており、今の人が見ると思わず笑ってしまうかもしれない。しかし、近代史を研究する専門家らは、「漢字で英語の発音を表記するのは近代ではごく一般的なことだった」としている。(提供/人民網日本語版・編集KN)