チン・グ「作品の成功と僕の達成感は比例しない」

写真拡大 (全3枚)

マガジン「COSMOPOLITAN」は11月号を通じて、目だけで伝える俳優チン・グのグラビアとインタビューを公開した。

この日行われたグラビア撮影でチン・グは、演技に没頭するような深い目つきで雰囲気のある秋の男の姿を完璧に演出した。また、彼はカジュアルなニットとダンディなストライプスーツから、カジュアルな冬コートまで自由に着こなし、“彼氏ファッション”そのものを見せてくれた。

続いたインタビューでチン・グは、ドラマ「太陽の末裔」を通じて人生がどういうふうに変わったかという質問に「あまり変わらなかった」と答え、「出演するとき、視聴率を目標にすることはない。作品の成功と僕が感じる達成感が比例することはない」と賢明な生き方について語った。

「太陽の末裔」の次回作としてドラマ「不夜城」を選んだ理由について聞くと、彼は「ただタイミングが合ったし、台本が良くて選んだ」と彼らしいクールな返事を出した。続けて「複雑に絡まる人間の貪欲さを描いた作品だ」と作品についての説明を付け加え、次回作への期待を高めた。

人生の目標を聞くと、チン・グは「よく生きよう!」と言い、気さくな男の中の男の姿を見せた。続けて彼は「すでに僕はゴールラインを通過した。多分映画『母なる証明』以来じゃないかと思う。その作品に出演した後、僕に対するイメージや期待が変わった」と説明した。