メーカーの枠を超え、往年の名作を多数収録

写真拡大

任天堂は、手のひらサイズのゲーム機「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を2016年11月10日に発売する。

1983年に発売後、世界中で6000万台以上を販売したという「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」のサイズを約60%に縮小。30タイトルをあらかじめ収録し、カセットの交換不要で往年のゲームを楽しめる。

付属のUSBケーブルを別売のACアダプターやUSB電源供給機器と接続し、付属のHDMIケーブルでテレビなどのモニターにつないでプレイ。2本のコントローラーがつながっており、家族や友人との対戦/協力プレイも可能だ。

「ドンキーコング」「スーパーマリオブラザーズ」「ゼルダの伝説」など任天堂のタイトルに加え、ナムコの「パックマン」「ギャラガ」、KONAMIの「グラディウス」「悪魔城ドラキュラ」、カプコンの「ロックマン2 Dr.ワイリーの謎」、スクウェアの「ファイナルファンタジーIII」などを収録する。

価格は5980円(税別)。