前列左から小島聖、池松壮亮、小林薫、佐藤浩市、河井青葉。後列左から松岡錠司監督、オダギリジョー、多部未華子、不破万作、綾田俊樹

写真拡大

小さな食堂“めしや”を舞台に繰り広げられる様々な人間模様を描いて人気のシリーズの第2弾映画となる『続・深夜食堂』。この作品が11月5日に公開となり、丸の内TOEIで行われた初日舞台挨拶に小林薫、佐藤浩市、河井青葉、池松壮亮、小島聖、不破万作、綾田俊樹、多部未華子、オダギリジョー、松岡錠司監督が登壇した。

[動画]映画『続・深夜食堂』予告編

ドラマ開始から7年目。“めしや”のマスターを演じ続ける小林は、映画第2弾となる本作の公開初日を迎えたことに、「ドラマの第2シーズンぐらいで松重くんが『奇跡みたいなもんですよ』と言いました。深夜枠でシーズン2として続いていることがかなと思っていたのですが、こうして映画も第2弾を迎えるにあたって、本当に奇跡的だなと思います。キャスト・スタッフも含めて、それぞれプロの仕事をした上ででき上がっている作品だと思います。これはドラマや映画でもなかなかできないことで、作れたことが奇跡です」と感慨深い様子。

シリーズ初参加となった佐藤は「(シリーズもので)でき上がった現場に途中から入るのは空気感も含めつらいものがある」と前置きし、「今回はゲストとはいえ、温かく包み込んでくれた気がするので現場は楽しかったです」と述懐した。小林と佐藤の共演は実に30年ぶりだそうで「お互い老けたな」と笑い飛ばすも「ご縁がある方はまたこうやって出会えるのは嬉しい」と照れながらも喜びを露わにしていた。

前作映画にゲスト出演し、今回は常連客として出演している多部は、「前作は小林(薫)さんとの対峙シーンが多くて、今回は渡辺(美佐子)さんと2人きりのシーンが多かったので、私の中で深夜食堂の撮影はベテラン俳優さんと芝居しないといけないという過酷な数日を送る刺激的な現場でした」とコメント。その渡辺の印象を尋ねると「監督と台本の解釈を真剣に話していたり、私のような年下にも気さくに接していただいて。チャーミングでとてもいろんな表情を見せてくださる方なので、愛される理由がわかりました」と語った。

またこの日は、11月5日が「いい(11)ご(5)縁」の語呂から縁結びの日に制定されていることから、ご縁があったエピソードを披露してもらうことに。

佐藤は「これから結婚式にいかなくてはいけなくて、こういう日に結婚式があるのか、舞台挨拶の日に、いいご縁の日に、結婚式!いや〜縁があるって幸せですね」とコメント。池松は「九州出身で麺が大好きで、特にうどんが好きです。蕎麦屋の息子で、そばよりもうどんが好きな役が回ってきたことに縁を感じています」と話し、多部は「ずっと犬を飼いたいと思っていたんですけど、ふとした時に出会った犬が私の家にいまいます。本当にいい縁を感じた瞬間はふとした時に訪れるんだなと思いました」と語った。

一方、オダギリは「朝ごはんを食べようと思って、おかずがなかったんで、なんとなく常備している鳥のハムがあって、それを見たら期限が切れていて、常備しているものって食べようと思ったときにだいたい期限が切れていて、縁がないなと思っています」と質問とは真逆のご縁がなかったエピソードを披露。松岡監督から「スベりかけてるぞ」とツッコミが入り、笑いが漏れていた。